FC2ブログ
   
12
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

ハクバノ王子サマ 第8話 感想

マズかったなぁ。

電話に出なかったのは。


多香子と晃太郎が一緒にいる時に限って、

生徒がケガするなんて…。


手をつないだ多香子と晃太郎。

こんな事がなかったら、順調だったのにね。


ケガをした生徒のお母さんが怖かった。

あんなふうにガンガン言われたら、

先生もつらいなぁ。

あのお母さんから見たら、

晃太郎は頼りなく見えるわ。


ところで、多香子のお母さんが、

「今の男の人は大変よね~、

家事も子育てもしなくちゃいけないし」

とか言っていたけれど、そうかな?


私が聞く話では、今の若い男の人は、

「稼いだ金は自分のもの。

家事と子育ては女がやること」

なんて人も多いと聞くけどなぁ。


ユウコが結婚することになった。


「せめてこの世に1人くらい

味方になってくれる人が欲しい」

とユウコは言ってたけれど、

そうだよね。

落ち込んだとき、誰かひとりでも

自分の味方になってくれたら、

また頑張ろうって気持ちになるもんね。


多香子は晃太郎と距離を置いて、

江川と魚釣りのデートに行ったけど、

最終的には晃太郎と…なんでしょ?


多香子が江川と会ったことが分かると、

晃太郎は心穏やかではいられない。

ストーリーとしては、そこが狙いなんだろうね。


「僕は先生のことを意識しています。女性として。

でも…僕には婚約者がいます。だから…。

この気持ちはここまでにしようと思います」


はい、すっきり!とはいかず。


静かに別れたかった多香子。

多香子の言うとおり、

ホント晃太郎はずるい。


晃太郎の食べていたオムライス、

美味しそうだったね。

ただ、マスターがうっとうしい。

私だったらうっとうしい。

でも、晃太郎はマスターの言葉に

勇気が湧いたようだ。


「色々考えても諦められなかった」

と、わざわざ多香子に言いに行った晃太郎。

多香子も同じ気持ちだ。


抱き合い、キスする2人キスマーク


あかん。晃太郎のキスが気持ち悪い…。

晃太郎ファンの方、すみません。

どうしても生理的に、

晃太郎のキスが受け入れられません。

キスしている時の多香子の顔もいまいちだった。

カメラアングルが悪いのか?


夢のような時間を過ごして家に帰ると、

「会いたかったよ、コウ君」


カオリ、キターー!


多香子が好きなら、

『早く婚約解消しろ!』。

そのひと言に尽きるよね。







theme : ドラマ感想
genre : テレビ・ラジオ

ハクバノ王子サマ 第7話 感想

晃太郎も罪なことするねぇ。

江川と多香子を

くっ付けようとするなんて。


カオリは晃太郎より年下だけど、

しっかりしてるわ。

もし、晃太郎がカオリと結婚したら、

絶対、尻に敷かれるね。


校外学習の行先を、

下見しに行った晃太郎と多香子。

知らない人が見たら恋人同士。


行きかうカップルは、

「うるさくて若くて幸せに輝いてる」


でも、晃太郎と多香子は…硬い。


晃太郎が多香子に、

江川のことを聞いたとき、

初めは敬語だった。


そして、次第に敬語ではなくなって、


「つき合うんですか?」


その調子、と思って見ていたら、


「つき合ってほしくない」


まだ硬いよ、力抜こうよ。

でも、洞窟の中で言ったのは正解!

ドキドキする場所では、

恋する気持ちも加速する。


「僕は根性なしです。でも…」


わー、抱きしめちゃったよ。


そんなことされても、

「はいそうですか」とは言えない。

だって、婚約者が…

そこをどうにかしろ~。


鼻を触った意味を、

くら~い海で聞く晃太郎。


「触りたかったんです。どうしても。

バカみたいでしょ?」


バカみたいなんて、思うわけもなく…


多香子の鼻の先を触る晃太郎。

晃太郎の鼻の先を触る多香子。


君たちはETか!?


そして…キスキスマーク


私がもし、二十代前半なら、

「あ~ステキ~」って思うのかもしれないけど、

2人が鼻を触り合った時、

なんか、ぞわぞわした。


予告では、学校で怒られていたけど、

多香子と晃太郎の関係がバレた?

ダメだと言われたら、尚更燃えそうだね。メラメラ


-----------------------------------------------

先日パブーで公開しました、携帯小説ふうの作品→『占いカフェの片隅で(3)』

パブーの人気本(無料)のところに載せて頂きました。

読んで下さった方、ありがとうございます!

→占いカフェの片隅で(1)

→占いカフェの片隅で(2)


まだの方も良かったら暇つぶしにいかが?

ダウンロードしても無料です。(ダウンロードしなくても本は開けます)

ダウンロードするとオフラインでも読めます。

仮に私が作品を削除しても、ダウンロードしたものは削除になりません。


theme : ドラマ感想
genre : テレビ・ラジオ

ハクバノ王子サマ 第6話 感想

校長先生は見抜いていたんだねぇ。

わざと知らないふりをしてくれた校長先生。

いい人だなぁ。


多香子と晃太郎は、本人同士が知らないだけで、

本当は相思相愛ドキドキ


問題は、晃太郎に婚約者がいること。

年齢差はそれほど問題じゃないと思う。


多香子は晃太郎の鼻の先を指で触れたけど、

わざわざタクシーから降りて、

ヘッドライトに照らされて、鼻の先に触るなんて。


晃太郎は鼻の先を触られて、嬉しかったかな?

嫌な気持ちはしないと思うけど。


晃太郎も多香子が好きなら、

婚約者のカオリと別れたらいいのにね。

妹の目もあるから、カオリと妹から責められて、

しばらくは大変だと思うけど、

そこを避けて通るわけにはいかない。


ユウコと秀美は、いきなり多香子から、

不倫していた話を聞かされてビックリだ。

でも、こんなに素直に打ち明けられると、

友達として悪い気はしない。


多香子は自分の殻に閉じこもるタイプだけど、

友達にも不倫を打ち明け、

母親にも不倫を打ち明け、

少しずつ、自分の殻を割って外に出始めた。


生徒に恋愛のことを相談された時も、

先生っぽいアドバイスではなく、

本音で話すことが出来た。

それが先生として、良いか悪いかは分からないけれど。


多香子は本音で生きる道を選ぶのかな?

周囲の人がこう思うから、とか、

親がこう言うから、ではなく、

自分の思いに逆らわずに、晃太郎と…。


合コンに出た多香子。

江川と何となくいい感じだけど、

多香子の気持ちは晃太郎に向いている。


晃太郎はそんな多香子が気になる。

それなら、婚約者を何とかしろよ、と。

だらだらと話は進む。

きっと最後まで、この調子なんだろう…。



ロボット占いカフェの片隅で(3)を公開しました!

無料ですので、よかったら読んでね♪

パブーの本のページに飛びます。

→占いカフェの片隅で(3)


占いカフェの片隅で(1)

占いカフェの片隅で(2)


本を開くをクリックしていただくと読めます。

ダウンロードしなくても読めますが、

ダウンロードして頂くと字も読みやすく、

オフラインでも読めるようになります。


theme : ドラマ感想
genre : テレビ・ラジオ

ハクバノ王子サマ 第5話 感想

晃太郎はトークが硬いなぁ。

酔った時のような、

くだけた感じで話してくれたら、

多香子も心が開けるのに。


あ、でもダメか。

晃太郎には婚約者がいるもんなぁ。


黒沢は、今更な感じ。

「多香子といた時間が1番楽しかった。

多香子といる時間が何より大事だ」と言われても、

妻と子を捨ててまで迫られたら、重いワ。


江川と多香子が親しげに話していたけど、

これから2人はいい感じになっちゃうの?

晃太郎が嫉妬するぞ~。


まあ最終的には、

晃太郎と多香子が結ばれそうだけど、

そこまでのプロセスを楽しめってことかな。


お見合い相手も良さそうな人だった。

でも、多香子が気乗りしないのなら、

どれだけ良い人でも話になんないや。


お母さんがカリスマ主婦で有名なのも、

娘にしたら重荷だ。

あのお母さんの娘なら…と期待されてもねぇ。


多香子んちの冷蔵庫の中、

何にも入ってなかったなぁ。

コンビニで黒沢に会ったとき、

見栄を張って、野菜とかいっぱい入れてたけど、

気持ちは分かる。

コンビニのできあいを食べてるとか、

それっぽっちの朝食?とか、

思われたくないもんね。


多香子はラフな格好でコンビニへ出かけたけど、

ぜんぜんOKな服装だったよね。

多香子はすごく気にしてたけど、可愛かった。

もっとよれよれのジャージで行って欲しかったな。


ユウコの『靴下の穴』の話は、

う~ん、どうなのかな。

そういうもんなんですか?

もっと肉食系の男なら、靴下の穴なんて気にせず、

ガルルルル~と迫ってきたのでは?

シャイな人だったのかな?


ハクバノ王子サマは、飲んでるシーンが多いね。

お酒が好きだと楽しそうだなぁ。




theme : ドラマ感想
genre : テレビ・ラジオ

ハクバノ王子サマ 第4話 感想

タカコサマ、さみしー!


晃太郎に抱きしめられたと思ったら、

「カオリ…」だなんて。あんまりだ。


琴美に晃太郎との年の差を指摘されて、

イラッとしていたのに、

イラッの次は、ガクッ、しょぼんだ。


「1つときめきを葬るたび、

自分の心が年老いた気がする」


多香子は晃太郎へのときめきを、

葬ることは出来るの?


晃太郎は多香子と一緒に飲んだあと、

「なんか楽しかったなぁ…」とつぶやいたけど、

遠距離恋愛にピリオドを打てるの?


妹の琴美の目もあるし、

晃太郎にそんな勇気はあるかな?


しかし、琴美も可哀想。

家庭教師の男もひどいよね。

せっかく早退してまでして琴美が会いに行ったのに、

それほど会いたくはなかったんだ。


彼と会っているところへ、

お兄ちゃんだけでなく、タカコサマまで来たら、

琴美もイラッとするよね。

担任だから仕方ないけど。


年の差…。


晃太郎の婚約者は年下の美人。

多香子も美人だけど、7つも年上。


20代と30代。

その頃の7歳差って、大きく感じるのかもしれない。

恋愛していると特に。


多香子の女子会仲間の秀美の35歳の誕生日に、

低周波治療器をプレゼントするシーンがあったけど、

誕生日ぐらい、もう少し可愛い物をあげても…。

視聴者に年齢を意識させようとしているのは分かるけどさ。


多香子を演じる優香が、

思った以上に、先生ぽく見えていいね。



-------------------------------------

オリジナル携帯小説「占いカフェの片隅で」(2)を公開しました。

(先日まで)パブーの「人気本(無料)」に掲載されました!

こちらから→「占いカフェの片隅で(2)」

「占いカフェの片隅で」(1)はこちら→「占いカフェの片隅で(1)」

ダウンロードしなくても読めますが、ダウンロードしていただくと、

字も読みやすく、オフラインでも読めます。無料です。



theme : ドラマ感想
genre : テレビ・ラジオ

最新記事

過去記事

プロフィール

ahaharui

Author:ahaharui
あはは☆るいです。ドラマやバラエティーの感想を主に書いています。時折、面白かった本やコミックの感想も。詳しくは自己紹介&ブログ紹介を見てね♪

カテゴリ

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR