FC2ブログ
   
08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

花子とアン 119話 感想

花子の即興童話を聞くのが好きな

近所の子どもたちは、


「今日は歩君どうしたんだろう?いないね」


えー!知らんのかい!?


そうか、知らないから、

「おばさん、ナミダさんのお話して」

とか言えたんだよね。


少しばかり遠くに住む子ども達なんだろう、

ということにしておこうか。


歩ともっと一緒にいてやれば良かったと

悔やむ花子に、海に行きましょうと、

蓮さまが誘ったけれど、

最後に虹が出るオチが、

私は分かってしまったよ。


私は不思議に思っていた。

歩が亡くなったときに、

どうして英治は花子に、歩は虹になったのだと

言ってやらないのか?と。


私でさえ、117話で歩が亡くなったときに、

「歩ちゃんはお空の虹になってしまった」と書いたのに。


その謎は本物の虹を、

花子に見せるためだったのか。

バレバレ過ぎて、涙を誘うにはちょっと…。

泣いた人には申し訳ない感想ですが。


ところで、歩ちゃんは

花子をお母さんに選んで

生まれてきた理由を

しっかりと話していたけれど、

そういう幼児はいると

本やテレビで見たことがある。


歩ちゃんは、幼くして亡くなったけれど、

そのことで花子は、


「これから素敵な物語を

もっともっとたくさん子どもたちに届けたいの」

と心に誓った。


歩は花子にその役割りを

しっかりと自覚させるために、

神様が使わせた天使だったのかもしれない。


『自分の命を消してまでも

人間のためにつくした

大きな雲の愛の心が

別れの言葉として残した挨拶は

その虹だったのです』


歩は虹となって

大好きなお母さんに

ご挨拶したんだと思う。


お母ちゃま、ありがとう。

お母ちゃま、お仕事頑張って。

ごきげんよう、さようなら。


綺麗にまとめてみたけれど、

どうだろう?

まとめすぎってか?へへ。




関連記事

theme : ドラマ感想
genre : テレビ・ラジオ

最新記事

過去記事

プロフィール

ahaharui

Author:ahaharui
あはは☆るいです。ドラマやバラエティーの感想を主に書いています。時折、面白かった本やコミックの感想も。詳しくは自己紹介&ブログ紹介を見てね♪

カテゴリ

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR