2014.07.29

花子とアン 104話 感想

さすがの花子も、純平という名には
何も言わなかったね。

「もしも、純左衛門だったら」とか、
「もしも、純吉だったら」とか。

当時にしたら、モダンな名前では?

『夢をあきらめそうになったら読む本。
想像の翼を広げる方法』
みたいな本を出版したらどうだろう、花子?

確かに良い方法だ。
自分が望む未来を、想像するのは。

鮮明に想像することができれば、

夢は現実になりやすい。
注意点は、自分だけ幸せになるのではなく、
皆の幸せも願うことだよ~。
(そういう類の本、けっこう読みました)

蓮子さんは髪の毛を切られて、
まるで落武者みたいだなぁ。
クシすら貸してもらえないのかしら?

かよと郁弥はいい感じになったけど、
郁弥がルー大柴みたいな喋り方になってて驚いた。
また海外に行ってきたの?

フットボールチームが作れるくらいに、
子どもが欲しい郁弥。
かよもいっぱい子どもが欲しいようだ。

かよと郁弥が結婚したら、
花子にとっては、義理の弟と、
実の妹が結婚することになるね。
まあ血はつながってないからOKか。

吉太郎は手先が器用なんだなぁ。
おみやげは手作りの船のおもちゃ。
甲府にいたころも作ってたっけ??



関連記事

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

最新記事
過去記事
プロフィール

ahaharui

Author:ahaharui
あはは☆るいです。ドラマやバラエティーの感想を主に書いています。時折、面白かった本やコミックの感想も。詳しくは自己紹介&ブログ紹介を見てね♪

カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR