2014.07.25

花子とアン 101話 感想

かよに蓮子と龍一のことを聞いて、
涙する郁弥。

私は郁弥には興味がないから、
どうでもいいのだけれど、
かよは郁弥の涙に
パルピテーションラブラブみたいね?

101話は、伝助vs龍一メラメラ

「小切手帳を出せ。
金額は好きなだけ自分で書け。
出産祝じゃ。
お前にやるとやない。
蓮子への祝い金じゃ」

結婚するなら伝助のような男、

とは言わないけれど、

妻のためにお金を使ってくれる男、

という意味では伝助はいい!

今時は自分のためにしかお金を使いたくない

という男が増殖しているようだし。


龍一の演技が際立った101話。

いい意味でなく…。

私はこれまで頭の中で、
龍一はスルーして見てきたけれど。

小栗旬あたりが良かったなぁ…龍一の役。

「絶対に幸せになってね」と花子。
「今度こそ幸せな家庭を作るわ」と蓮子。

そのころ龍一は、リンからの電報を読んで、
蓮子のもとへ向かっていた?

東京駅で龍一は報道陣につかまって、
もみくちゃにされちゃうぞ。

甲府の田舎で、噂が広がらなかったわけもなく、
リンが黙っているわけもなく、
蓮子が無事なのが、

不気味な静けさという感じ。


関連記事

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

最新記事
過去記事
プロフィール

ahaharui

Author:ahaharui
あはは☆るいです。ドラマやバラエティーの感想を主に書いています。時折、面白かった本やコミックの感想も。詳しくは自己紹介&ブログ紹介を見てね♪

カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR