2014.07.07

花子とアン 85話 感想

朝市と武が東京へやってきた。


「おらはお父様の言いつけで

ブドウ酒を東京で売るために来ただ」

と、武が言ってたけど、そういえば以前、

吉平がブドウ酒を作ると言ってたね。

町をあげてブドウ酒造りを始めたのかな?


銀ブラしたいと言う武。

銀ブラの本当の意味は?


「銀座でブラジルコーヒーを飲むから

銀ブラというんです」そういう説もある?うっそー。


はなは編集者としての仕事が順調なようで。


はなは村岡さんのことを、すっかりふっきれたのか?

85話では、村岡さんの奥様が亡くなって半年も経っていた。

村岡さんは奥様の看病を3年間していたようだ。

もっと長い間、看病していたのかと、私は思ってたよ。


人気連載だった宇田川先生の『銀河の乙女』を

単行本にすることに意欲的なはな。

編集長に相談することもなく、

さっさと宇田川先生と話を進める。


だって今のはなにとっては、

お仕事がパルピテーションなのよ~。


宇田川先生は、はなの翻訳した

『王子と乞食』の挿絵を描いたに人に、

自分の単行本の挿絵も頼みたいようだ。


私が思うには、『にじいろ』創刊号を見た時、

宇田川先生は、自分の連載に挿絵がなくて、

はなの翻訳したページには綺麗な挿絵があることに、

ムッとしたと思うわ。

単行本の話が出るまで、挿絵のことを黙っていたのが

不思議なくらいよ。


村岡さんの弟は身内の話をなんでもすぐに

他人に話してしまう癖?があるようだ。口の軽い男…。

そのほうがドラマとしては都合がいいけどね…。



関連記事

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

最新記事
過去記事
プロフィール

ahaharui

Author:ahaharui
あはは☆るいです。ドラマやバラエティーの感想を主に書いています。時折、面白かった本やコミックの感想も。詳しくは自己紹介&ブログ紹介を見てね♪

カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR