2014.06.28

聖母・聖美物語 最終回 感想

聖美は命を投げ出して、

ひかりと陽を守った。


スタートしたころは、

ハチャメチャなストーリーだと思ったけれど、

最終回は泣けたね。


聖美は頭で考えるより先に、

とっさにひかりを守った。

命がけで。


『もし1つだけ、ママの人生で

1番うれしかったことを挙げるなら』


私は、聖美は陽とひかり、

人の名前をあげると思ったけれど…


『それはひかりちゃん、

あなたのお母さんになれたことよ。

あなたとの奇跡のような出会い。

いくら神様に感謝しても、し足りません』


ひかりは超能力があったのかしら?

天国のママの声が、

本当に聞こえているみたいだった。


劇症肝炎になった陽は、

脳死状態になった聖美から、

肝臓をもらうことができて、元気になった。

医大にも合格できた。


ひかりは産婦人科医を目指すようだ。


聖美が生きていたら、

どんなに喜んだことか。


愛美もいつしか優しい母の顔になった。


これでもかというほど、

アクシデントてんこ盛りの柳沢家だったけれど、

最終回はうまくまとまった。


『生きる力、生きる喜びに

あなたが満たされますように。

太陽のように強く明るく

あなたの命が輝きますように』


これは聖美が陽に願ったことだけど、

赤ちゃんが生まれたとき、ほとんどの母親は、

こんなふうに願うんじゃないかな?


お墓にスズランの花が咲いていた。


『聖母の涙』


「お母さんがお前たちの幸せを願って、

流した涙が奇麗な花を咲かせたんだ」


スズランは聖美にとっては、

自分の母親を思い出す憎い花だったけれど、

自分の運命を受け入れ、

すべての人を許した聖美にとっては、

神聖な花になった。


でも、それにしては、

いまいちなスズランの花だったと思わない?

もうちょっと凛とした、

綺麗なスズランを用意できなかったのかな?

それだけが気になったわ。



関連記事

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

最新記事
過去記事
プロフィール

ahaharui

Author:ahaharui
あはは☆るいです。ドラマやバラエティーの感想を主に書いています。時折、面白かった本やコミックの感想も。詳しくは自己紹介&ブログ紹介を見てね♪

カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR