2014.06.27

トクボウ 最終回 感想

「本当の害虫は闇に潜んでます」

朝倉にそう言われても、

さっぱりわからない辻君。

辻君はそんなこと知らなくてもいいよ~。

朝倉の心を癒す存在でいてくれたら。


…と思ったけど、

最終回では、辻君も活躍した。

初めて手錠をかけたもんね。


朝倉が大藪公平の息子だと知ってしまった鶴井。


「森田を消してほしい」


森田と朝倉が手を組んだら、

脅威になるかもしれない、と言う鶴井。

鶴井は森田のことを認めていたんだ。

そうでなきゃ、そばに置かないか…。


ところで、毒島は確か前回は字幕で『毒嶋』になってたのに、

最終回の字幕は、嶋じゃなくて、島だったわ。

私の見間違いか?よく見たつもりだったけど、まぼろし~!?


それにしても、叶美由紀も

綺麗に?縛って強制執行できるとは!


女が力の強い男を縛るには、

かなり手際よく行わないと、

逆に縛られそうだけど、

ま、そこはドラマだからね。


「権力とはそれを使える

特別な人間のところに集まるものだ」

朝倉が憎んでいる父親のように。


「鶴井さん、僕はあんたをつぶしたい」

「いいだろう。私と勝負しよう」


「防衛は戦うこと。国防とは戦う意思だ。それが正義」

「あなたはゆがんでいる。

そのために罪のない人を殺して何が正義だ?」


刀で戦う朝倉と鶴井。スターウォーズか!?


わきの動脈をとらえる朝倉。

首の動脈をとらえる鶴井。

両者の動きがピタリと止まった。


この恐怖に打ち勝つのはどちらか!?


「勝利を求めるものは、敗北の恐怖に負ける」


鶴井は死ぬ恐怖に勝てなかった。

朝倉は死ぬことが怖くなかったから、

勝負にのらなかった。


ついに鶴井が朝倉に縛られる。


「強制執行入ります」

あの吉田鋼太郎が縛られてるーーー!!びっくり~。


朝倉が大藪にもの申しに行くと、

すでに大藪はこと切れていた。

「さようなら、お父さん」

こんな形でお父さんと呼びたくなかったろうね。


「人間はどこかしら、何かに縛り付けられて

生きていくものだ。 それはそれほど悪くない」


つまり朝倉は、叶美由紀と!?

SとSでダメかと思ったけど、

そうだよね、朝倉がMになれば…。

そんなに簡単にいくのか?


森田はマリエと?

森田もマリエもSみたいだけど…。


最終回はドラマ見ながら同時進行で感想を書いたので、

少し見逃した部分もあったかもしれないけど、

印象的だったのは、やっぱり、

吉田鋼太郎が縛られたシーンだったわ。



関連記事

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

最新記事
過去記事
プロフィール

ahaharui

Author:ahaharui
あはは☆るいです。ドラマやバラエティーの感想を主に書いています。時折、面白かった本やコミックの感想も。詳しくは自己紹介&ブログ紹介を見てね♪

カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR