2014.06.09

BORDER 最終回 感想

BORDER最終回の意味は?


「こちらの世界へようこそ」


単純に考えると、

石川が正義のために、悪の世界へ…

という意味にとれるけれど、


もしかしたら、

石川が安藤を突き落とした後、

石川の頭の中の弾丸が動いて、

石川も死んだ…とも考えらる。

深読みし過ぎ?


それにしても、

どうして石川はボイスレコーダーを

持っていなかったんだろう?


安藤が石川に初めて自白した時はともかく、

それ以後は、刑事なら、

ボイスレコーダーを持ち歩くべきだ。


比嘉は石川の様子が

おかしいことに気づいていた。

勘の鋭い比嘉は、

石川が死者と話せることも、

何となく気づいていた。


「この前も言ったけど、

痛みに支配されないで」


比嘉が言った、この言葉の意味は?


殺された者の苦しみに支配されて、

刑事の境界を越えて無理しないでという

忠告だったのかな?


サイモンとガーファンクルも、

赤井も、スズキも、

石川の様子がおかしいことに

気づいていたと思う。


サイ君とガー君は、

「今回はいいです。その代わり

犯人の野郎を必ず捕まえてください。

絶対だよ」

と言ったけれど、


石川がの様子がいつもと違うことを

分かっていながら、

「絶対だよ」と、

石川を追いつめるような言葉を、

どうして彼らは言ったんだろう?


殺された弘志君が

誘拐された駐車場には、

防犯カメラが20台もあった。

それなのに、

弘志君の姿は映っていなかった。

目撃者もいなかった。


そんなことって、あるだろうか?


初めにトイレで、

弘志君と安藤が話したけれど、

トイレの近くに防犯カメラはなかったの?


そもそも、犯人の目的はいったい何?


赤井が石川に言った言葉が印象的だった。


「絶対的な悪に勝つためには、

絶対的な正義にならなくてはいけない」


つまり犯人の目的は、

絶対的な正義への挑戦?


「コインの裏表になるという事です。

端から見れば、

同じものに見えるという事です」


この世に存在するものはすべて、陰と陽。

安藤は言った。


「闇があってこそ光があるんです。

悪が存在してこそ正義も存在する。

私がいるからこそあなたは輝けるんです。

もしそれが気に入らないなら、

あなたもこちら側に来るといい」


石川は赤井に、「あせらないことだ」と

忠告されたけれど、じっくり腰を据えて、

相手がしくじるのを待つことなど、

石川にはできなかった。


次の犠牲者が出ることは、

ほぼ確実に思えた。


「消えていくものを

必要以上に儚んではいけません。

運命だったと思ってあきらめるんです」


赤井に諭されても、

石川にあきらめる事などできなかった。


石川がおかしくなり始めたのは、

7話の『敗北』あたりからだろうか?


以前の石川は、こう思っていた。

「殺されて当然の人間なんているわけない」


でも、石川は安藤が許せなかった。


「あなたの魂がすり減ってしまいますよ。

運命だったと思って諦めるんです」

と赤井に言われた時、

石川は決心したんだと思う。


「俺が撃たれて生き返ったのも運命だろう。

だとすると、それに従わなきゃならない」


石川は、自分が生き返ったのは、

安藤のような卑劣な奴の犯行を

食い止めるためだと、

思い詰めたのかもしれない。


正義と悪の境界とは?

それは誰が決めるの?


石川は自分のしたことを、

後悔しただろうか?

死んだ安藤に「こちらの世界へようこそ」

と言われた後、

石川は正気でいられたろうか?


石川は刑事としては完全に間違っていた。

けれども、石川が間違いを犯さなければ、

罪もない人たちが、

次々と殺されていた可能性は高い。


石川が悪だとすれば、

サイ君とガー君だって、悪じゃないか?

石川が殺人を犯さなくても済む方法を、

彼らなら教えてあげられたと、私は思う。


けれども、サイ君とガー君だけではなくて、

赤井もスズキも、決しておせっかいはしない。


皆、自分なりの境界を設けて生きている。


石川だってそうして生きてきた。

これまでは…。


小栗旬の演技がとにかく良かったね。




関連記事

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

最新記事
過去記事
プロフィール

ahaharui

Author:ahaharui
あはは☆るいです。ドラマやバラエティーの感想を主に書いています。時折、面白かった本やコミックの感想も。詳しくは自己紹介&ブログ紹介を見てね♪

カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR