2014.06.04

ビター・ブラッド 第8話 感想 

富樫は口が臭いだけかと思ったら、

最後はドカッとビシッと決めたね!


公務執行妨害で、

富樫が取り調べていた男は、

な、なんと!

全国に指名手配されている凶悪犯。

何十人と殺してるのに、

情報は腕にあるサソリの入れ墨だけ。さそり座


まさか凶悪犯とは思わず、

取り調べ中に、電話なんかしているから、

後ろから思いっきり頭を殴られて、

富樫はダウン。頭から血がぶわ~と出てたしー。


犯人は撃たれた警察官に成りすまして、

外に出ようとしたけれど、

富樫がすんでのところで気づいた。


子だくさんの富樫は、

負傷しながらも頑張ったなぁ。

子供8人だっけ?

口が臭くても、奥さんは平気なの?


署内が緊急事態になっている間、

夏輝と明村と瞳は、エレベーターの中。


狭い空間に閉じ込められて、

トイレに行きたくなったら、

あなたならどーする?


夏輝と明村のように、

持ち物の中から入れ物を探す?


缶コーヒーを飲んだあとの、

空き缶の中に?

うまく入れるの、むずかしそう…。


コンビニの袋の中に?

丈夫な袋なら、

ニオイを我慢すれば大丈夫かも?


だけど、夏輝と明村が引っ張って

コンビニの袋はやぶけちゃった。

そうなると思ったけど…。


残るはポテトチップスの袋。

この袋も開ける時に裂けるぞ~、

と思ったら、案の定…。


3人がエレベーターに閉じ込められた時、


「もっと今を楽しめ。お前の人生には

ライブ感というものはないのか?

このひよっこめ!」


…と、明村に言われた夏輝は、こう答えた。


「みんな先輩みたいな

人間ばっかじゃないんですよ。

我慢しながら大切なものを傷つけないように

ささやかに生きてる人だっているんです


その様子を見ていた瞳が、

少し夏輝のことを、

見直したような表情になったのを、

私は見逃さなかったわ。


「人を守るにはな、時には、

人を傷つけなければ

いけないことだってあるんだ」

と言う明村のほうが、

刑事らしくて瞳は好きかな?


でも、最終的には瞳は夏輝と??ドキドキ


犯人と署員を見分けるソフトを

チェイサーが作ったけれど、

検索するのに時間かかり過ぎ~。


その点、明村はすごい!


「俺はね、署を出入りする人間の顔、

全部覚えてんの」


エレベーターに乗ってきた男が、

怪しいと、明村はすぐに見破ったけれど、

だからといって、どうすることもできず…。


もし、富樫が上から降って?こなかったら、

3人とも撃たれちゃうところだった。


被疑者確保の時間は、

約束の15時をわずかに過ぎていた。

鍵山は責任を取ることに…と思ったら、


署長は腕時計の時間を手動で戻して、


「14時59分被疑者確保。

チャッピーの借りは返したぞ」


署長も粋な事をしてくれるじゃない?


トイレの我慢が限界になっていた明村は、

夏輝とトイレに駆け込んで…トイレ


あの顔は?アウト?うわ~~。


ところで、鍵山の息子の功太と

一緒にいた女性は?彼女?


今回も2つのドキドキがあって楽しめた。




関連記事

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

最新記事
過去記事
プロフィール

ahaharui

Author:ahaharui
あはは☆るいです。ドラマやバラエティーの感想を主に書いています。時折、面白かった本やコミックの感想も。詳しくは自己紹介&ブログ紹介を見てね♪

カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR