2014.06.03

花子とアン 第56話 感想

合コンのようなお茶会かと思ったら、

はなと、朝市と、ももと、武。

たった4人

それにしても、武よ、

どんだけ鈍感なんだービックリマーク

朝市も鈍感だけどね。

それとも、朝市はももの気持ちに気づいているけど知らんぷり?


武が鈍感でなかったら、

ももと朝市は、お見合いしたという

噂が流れるぞ。


何のハプニングもなく、

何の面白みもなく、

おとうはももが朝市が好きと分かっても、

まだ森田君にこだわっているし、

おかあはももを応援するわけでもなく、

そっとしておいてやれと言う。

おかあが1番ましか。


蓮子さんからはなに歌集が送られてきた。

あの文面では、

はなにケンカ売ってるみたいな感じ。

私は歌集だしたけど、

あなたは児童の友で入賞してから、

鳴かず飛ばずね、みたいな。


はなもやる気復活!?

こつこつ童話を書いていたわけではないの?


竹久夢二の装丁がすごかったな。

当時、一世風靡したのも分かる。


しかし、蓮子さんは、

はなに手紙を書いてる場合じゃない。

伝助の炭鉱でガス爆発ドンッ

10日も前のことなのに、

蓮子さんは蚊帳の外で、

伝助ではなく、黒沢に真実を聞く。


伝助に対して労働者の怒り爆発パンチ! 


蓮子さんの家にも、社長を出せとやってきた。


でもさすがは蓮子さん。


「ごきげんよう。私に何かご用でしょうか?」


美しい言葉で落ち着いて言われると、

一瞬、拍子抜けするけれど、

それだけでは済まないよね…。



関連記事

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

最新記事
過去記事
プロフィール

ahaharui

Author:ahaharui
あはは☆るいです。ドラマやバラエティーの感想を主に書いています。時折、面白かった本やコミックの感想も。詳しくは自己紹介&ブログ紹介を見てね♪

カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR