2014.05.30

花子とアン 第53話 感想 

「私、結婚には

パルピテーションが大切だと思うんです

つまり胸がときめく事です」


パルピテーションねぇ。

もちろん、ときめきは大切だけど…。


ふじと吉平の結婚も、

パルピテーションだったんでしょ?

4年も放ったらかされて、

それでも吉平のことを好きなふじ。

ずっと昔、吉平から

おみやげにもらったくしを

今でも大切にしていたふじ。


大好きな人と結婚できたふじは

幸せだったかもしれないけれど、

私なら、4年も放ったらかされたら

ときめきも消えるわ。


望月さんはいい人だった。

自分の考えを

しっかり持っている人だった。


望月さんは、出会った時に、

はなと結婚してもいいと、

何か感じるものがあったけど、

はなは「もうしばらく時間をください」と。


はなはやんわり断ったんだよね。

望月さんは賢い人だから、

そのことに気づいた。


「考えるものではなく、感じるもの」


望月さんの言うとおりかもしれない。

お見合いしたときに、

感じるものがなければ、

長くつきあっても、

好きになれないかもしれない。


でも、時には、

ときめきがないお見合い結婚でも、

幸せそうなご夫婦もあるけどね。


はなは望月さんにふられて、

村岡さんのことを考え始めるのかな?

ん?はなは村岡さんに、

パルピテーションを感じてた?

自分の気持ちに気づいてないだけ?


話が前後するけど、

吉平が買ってきたくしは、

ももにあげるのだと思うけど、

ももは喜ぶだろうなぁ。

だって、ももは吉平のことを嫌ってないもんね。


しかし、ふじと吉平がひそひそ話す声が、

筒抜けで隣の部屋に聞こえるような家で、

よくぞ4人の子供を作れたなと、

変なところに感心したりして…。



関連記事

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

最新記事
過去記事
プロフィール

ahaharui

Author:ahaharui
あはは☆るいです。ドラマやバラエティーの感想を主に書いています。時折、面白かった本やコミックの感想も。詳しくは自己紹介&ブログ紹介を見てね♪

カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR