2014.05.21

花子とアン 第45話 感想

はなの作ったみみずのお話は…


あるところに、たいそう太った長いみみずがおりました。

「私のように立派な体を持ってるみみずは

どこにもいやしない。

お庭から、道端から、どこからどこまで探したって

私ほどの器量よしは見つからないわ」

こんな事を口にするほどの威張りん坊でしたから

お庭中のみみずは皆この太ったみみずが嫌いでした。


なぜに太ったみみず…。

白鳥さんを想像してとか?(失礼な!)


たえが考えたみみずの名がフトコ。

太ったみみずだから、

まあフトコでもいいか。

想像の翼を広げてみても、

あんまり可愛いキャラクターではなさそうだけど。


たえにしたら、親戚の家に

子守りに行かされる前に、

大好きな本がいっぱいあるところへ

先生が連れてきてくれて、

嬉しかったかもしれないけれど、


あの本の部屋へ、

昔、朝市と行った時に、

痛い目にあったことを、

はなはすっかり忘れてしまったの?

朝市にも迷惑かけたことも…。


はなは先生になったんだから、

もうちょっと想像の翼を広げて

時間を忘れて生徒と2人で

本を見ていたらどうなるのか、

考えたらよかったのにね。


そういう所が、はなのいいところなのよ、

とは思えないし…。


朝市は何かあるたびにかばってくれる。

いい人だねぇ。


「安東先生は、たえさんがお気に入りだから

目をかけたじゃないと思います」


朝市はそう言ったけど、

はなは自分の幼いころによく似たたえが、

可愛くて気になっていたと思うよ。

それが「お気に入り」というものでは?


お気に入りの生徒がいても、

人間だから仕方がないけど、

学校にも親に連絡もせずに、

夜遅くなるまで生徒を連れまわすのは、

先生としては、やっぱり失格。

先生になんて、なりたくなかったんだからしょーがないか。


たえは嬉しかったと思うけどね。

逆に、はなにしてみれば、たえのことを、

自分だけは理解してあげられるということが、

嬉しかったんだろうなぁ。


関連記事

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

最新記事
過去記事
プロフィール

ahaharui

Author:ahaharui
あはは☆るいです。ドラマやバラエティーの感想を主に書いています。時折、面白かった本やコミックの感想も。詳しくは自己紹介&ブログ紹介を見てね♪

カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR