2014.05.14

花子とアン 第39話 感想

念願かなって、

師範学校へ通っている朝市。

その朝市を好きな、末っ子のもも

でも朝市は、はなのことが好き。

ももはそのことに

気づいてないみたいだけど。


お姉やんは、おいしいとこを

ぜ~んぶ持っていく。

…と、私がももなら思うかも。


蓮子さんは、田舎の披露宴でくたくた。


見事な着物を冥土の土産に、

もうちっとよく見せてくれと言われて、

うんざりしながら立ち上がると、

後ろの帯も、くるっと回って見せてくれと…


「回れ~回れ~回れ~」


芸者遊びと間違っているような騒ぎ。

蓮子さん頭が真っ白


はなは蓮子さんには1度も手紙も出さず…。

浅くつきあっている人とは、

意外と細く長く続くけれど、

親友と思った人とは、ちょっとしたことで、

付き合いが途絶えてしまうこともある。


でも、いずれまた2人は

再会するのでしょうけどね…。


はなは卒業まであと2か月。


はなのことを嫌っていた富山先生が、


「ここに残って英語の教師をやる気はありませんか?

あなたにやる気さえあれば、

私からブラックバーン校長に推薦しましょう」


でも、はなは学校の先生になるよりも、

もっとやりたいことがある。


わくわくするようなステキな本が作りたいはな。


だけど、山梨の実家のことも気になる。


かといって、実家に戻っても、

はなの英語力をいかせる仕事はなし。


…と書き出してみても、

はながこれからどうするのかは、

もう分かっているから、

なんとなく書いていてもつまらない私。


醍醐さんはお医者様と婚約。

婚活成功~。


はなが青春を満喫していたころ、

妹のかよは、大変なめに遭っていたようだ。


蓮子さんは、伝助が外の女に産ませた

娘がいることを知って、ショック。ガ~ン!


三日三晩続いた披露宴のあと、

博多の芸者と遊んで、

帰ってこないであろう伝助。

どんだけ体力あるんだ!?

娘や息子がいっぱい現れてもおかしくないな…。



関連記事

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

最新記事
過去記事
プロフィール

ahaharui

Author:ahaharui
あはは☆るいです。ドラマやバラエティーの感想を主に書いています。時折、面白かった本やコミックの感想も。詳しくは自己紹介&ブログ紹介を見てね♪

カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR