2014.05.07

花咲舞が黙ってない 第4話 感想

今回の支店長はやり手の女性だったね。

銀行で、女の支店長て、今時でもめずらしいのでは?

でも、あんな支店長はイヤだ~。


支店長も母親も、モンスターペアレント!?


会社へ行っても家に帰っても、

心が安らぐ暇がない光岡君。

かわいそう~。


光岡(吉村卓也)は、

入行3年目の若手行員。

融資課の光岡は勤務態度も

これといって問題なかった。


その光岡が失踪DASH!


銀行に怒鳴り込んできた光岡の母。むかっ


失踪している光岡を、

バッティングセンターで見つけた舞は、

光岡の横でボールを打ちながら、

光岡に話しかけた。


バッティングしながらセリフを言うのって、

練習しないとできないよね?しんどそうだった。


光岡は尾見機械工業への

融資を担当していた。


尾見機械工業にもよく顔をだし、

真面目に取り組んでいたが、

結局、融資はできなかった。


光岡はきちんと

稟議書も書いていたのに、

何度書き直しても、

支店長は突き返した。


光岡が悪いのか?


『断る融資は、早く決断せよ』

それが融資の鉄則


それなのに、

わざわざ資金が必要となる当日まで、

決済を遅らせていた中村支店長。

カワイイ息子のためにね~。


支店長の息子の会社は、

特許侵害で、尾見機械工業から

訴えられていた。


融資をしてもおかしくない案件を、

個人的な理由で、ギリギリに断った。


本当のモンスターは中村支店長だった!!

なんてやつだ!


舞と相場に息子の会社の訴訟の事実を

突きつけられた中村支店長は、

結局、厳重注意

しかし、次の異動では左遷はまぬがれない


今回もいいコンビネーションで、

不埒な悪行三昧を食い止めた舞と相場。

これにて一件落着~。パチパチパチパチ~。



前回は水戸黄門みたいと書きましたが、

今回は桃太郎侍みたいということで。




関連記事

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

最新記事
過去記事
プロフィール

ahaharui

Author:ahaharui
あはは☆るいです。ドラマやバラエティーの感想を主に書いています。時折、面白かった本やコミックの感想も。詳しくは自己紹介&ブログ紹介を見てね♪

カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR