2014.05.01

花咲舞が黙ってない 第3話 感想

もしも私が銀行員だったら、

振込先を間違えるミス連発だなぁ。


『株式会社明石ビルディング』と、

『明石ビルディング株式会社』


株式会社が前に付くか、後ろに付くか、

その違いだけじゃんDASH!ダメダコリャ~。


『荒磯の子』『新井園子』


どちらもカタカナで書くと…『アライソノコ』

よく考えたもんだ。


須賀支店長はイヤな男だったね。

とことん出世する男って、

嫌な奴のほうが多いのかな??

それだけ欲深くないと、出世しない?


以下、ドラマを見ながら、

さ~と書いてみたけれど、

なんだかあらすじを書いただけに

なってしまったかも。


途中で須賀だか、須田だか、須藤だか、

支店長の名前を何度も書いているうちに、

訳が分からなくなっちゃった。訂正したつもりだけど…。



銀行蒲田支店へ事務応援へ行くようにと

命じられた舞と相場。


支店長の須賀(神保悟志)は

「無能な奴はこの支店には必要ない!」と、

皆がびびるような威圧的な態度の

いけ好かない男だ。こんな上司はいやだね~。


蒲田支店は開店と同時に

大勢の客が押し寄せる忙しい支店で、

テラーに入った舞に、いきなり

「いつまで待たせるんだ!?」と、

からんでくる客。


しかし舞は落ち着いた態度で、

深々と頭を下げて「お待ちください」

さすが手馴れている。


舞はどんな客に対しても

態度が変わらない。

上司に対しても…。

上司からしたら、こんな部下は使いにくいかも。


テキパキと窓口業務をこなしてゆく舞。

面倒な客はすべて舞に回されたが、

143人ものお客様をこなした。


須賀はおもしろくない。

女子行員は舞の味方だけど。


須賀の頭の中は出世することしかない。

真藤の機嫌をとるために、

舞と相場が困るほど仕事を回す須賀。


須賀のたくらみを知った舞は、

須賀の嫌がらせには負けないと決意する。


須賀が今、1番大切にしている客が、

武内という男だった。

武内は品川でIT企業を経営している。

なんと、年商20億!

もうすぐ会社が蒲田支店の近くに移転する。


須賀は武内の会社が移転したら、

メインバンクにしてもらおうと、

意気込んでいた。


社員42名分の口座を開きたいと言う武内。


しかし、この武内という男、

どこか怪しい…。


翌日も、舞と相場は、

またまた大量の仕事を与えられた。

舞が持てないほどの書類の量。


ATMのお客様対応まで命じられる舞。


ATMには昨日、窓口に来ていた

武内という客が立っていた。

通帳がATMから出てこないのだと言う。


舞が通帳を取り出してみると、

通帳名は武内ではなく、新井園子

武藤は新井園子は妻で、

新井は旧姓だと言う。


やっぱり何か怪しい…。


そんなことを考えている暇もないほど

舞のところには仕事が山積み。


次から次へと舞へ仕事が回ってくる。

口座番号を書いてない入金伝票を

わざと舞に渡して、

入金先を間違えさせる須賀。


須賀って、ホント、イヤなやつむかっ


そのころ、舞のお父さんが、

たくさん購入したサプリ『荒磯の子』が、

何の効果もない、

お菓子のような物だと分かった。

お父さん、頭がカッカッむっメラメラ


相場がパンフレットを見ると、

なんとそのサプリ代金の振込先は、

東京第一銀行、阿佐ヶ谷支店。


「あ!」と気づく舞。

『荒磯の子』『新井園子』


どちらもカタカナで書くと、『アライソノコ

銀行振り込みをカタカナで書くと、

どちらも同じになることを利用した詐欺だ。


武内は詐欺師だった。

移転どころか、会社など存在しなかった。

初めから架空口座を作るために、

支店長に近づいていた。


もう少しで大きな被害を出すところだったが、

舞と相場のおかげで、

蒲田支店は被害を免れた。


武内という名も偽名。

「本当の名はなんと言うんですか?」

相場にそう聞かれた武内と名乗る男は、

さすがに観念したようだ。


それでもまだ、逆ギレする須賀支店長。

舞が黙っているはずがない。


「あんな詐欺なんかに騙されたのは

須賀支店長ですよね?」


「この支店の業績が悪いのは、

職場の空気が悪いからだと思います」


「黙れ!」

「黙りません!」


自分の出世のことばかり考えて、

「無能な奴はこの支店には必要ない!」

と須賀はいつも言っているが、


「だとしたら、この支店にいらないのは

須賀支店長です!!」

あ~あ、また言っちゃった~。スッキリしたけど。


「すいません、おさわがせしました」

そう言って頭を下げる舞に、

拍手する行員たち。


須賀支店長は次の異動で、

たぶん、地方行き決定~。クラッカー


水戸黄門見てるみたいな気分。

お決まりのパターンで、

これはこれでいいかな。

感想は書きにくいけど。




関連記事

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

最新記事
過去記事
プロフィール

ahaharui

Author:ahaharui
あはは☆るいです。ドラマやバラエティーの感想を主に書いています。時折、面白かった本やコミックの感想も。詳しくは自己紹介&ブログ紹介を見てね♪

カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR