2014.04.29

花子とアン 第26話 感想

蓮子さんは相変わらず態度がデカい。

大きいのは態度だけではなくて、

髪型もデカい蓮子さん。目立つ~。


でも、ロミオとジュリエットの練習に、

蓮子さんはちっともこない。


醍醐さんは蓮子さんと一緒に

ロミオとジュリエットなんか

やりたくな~~い!!


そこへブラックバーン校長が登場。


はなが当たり前のように、

ブラックバーン校長と生徒の間に入って、

通訳をしていたけれど、


修和女学校の生徒さんは、

はなよりも、ずっと長く英語を

勉強しているはずなのに、

はなより英語が堪能な方は

いらっしゃらないの?


そんでもって、

蓮子さんは、途中編入で、

しかも皆より8歳も年上だけど、

英語は少しくらいは分かるのかしら?

まさか、まったく分からないということはないよね?


ブラックバーン校長は、

醍醐さんにはロミオを、

蓮子さんにはジュリエットを

演じるように指示した。


グッドアイデア!

醍醐さんは背が高いものね。


しかし、はながブラックバーン校長に、

蓮子さんのことを、「Renko San」と

訳していたのが笑えたわ。


蓮子さんがロミオ役に立候補したのは、

誰かに復讐したかったから。

それはお兄様?


「私の復讐につきあってくださらない?」

そうおっしゃる蓮子さんに、

はなは協力するようだけど、

どうやって協力するのかしら?


まさかお芝居の翻訳したセリフで、

復讐に協力するわけにはいかないでしょ?

てことは、お芝居が終わったあとで?

蓮子さんがお芝居に出演するのは、復讐する相手を呼び出すため?


こういう危険な香りのする人に、

私は近づきたくないけど、

はなは蓮子さんと、

腹心の友になるきっかけになるのかな?


甲府では、はなの兄・吉太郎は、

軍隊に志願するようだ。

朝市は先生を目指す。

長男はつらいね~。




関連記事

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

最新記事
過去記事
プロフィール

ahaharui

Author:ahaharui
あはは☆るいです。ドラマやバラエティーの感想を主に書いています。時折、面白かった本やコミックの感想も。詳しくは自己紹介&ブログ紹介を見てね♪

カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR