2014.04.26

花子とアン 第24話 感想

はなと蓮子さまは退学にはならず。

そんなことは視聴者は皆、お見通しだ~い。


ブラックバーン校長が

英語しか話せないのは、

はなの素晴らしい通訳を、

披露させるためだな…。

そんなふうに思った24話。


はなはともかく、葉山さんは退学でしょ!と、

富山先生は息巻いたけど、

ブラックバーン校長は言う。


「神様はどんなに罪深い人間でも

悔い改めればお許し下さいます」


「今日から誰もあなたの事を特別扱いしません。

自分の事は全て自分ですること。

真摯な気持ちで勉学に励むこと。

食事はみんなと一緒に食堂でとること。

これまでの習慣を全て捨てて

新しい自分に生まれ変わるのです」


「I'm trusting you」


ブラックバーン校長の話を、

はなは蓮子さまに訳した。


はなの英語のヒヤリング力が、

どれほど素晴らしいか、

皆さんお聞きになって下さいな。

…というナレーションはなかったけれど、

私にはそんなふうに思えました。


「私は16の時…」と、

蓮子さまが言いかけたのは、

16の時に嫁いだということかな?


葉山伯爵家のご令嬢の蓮子さまは、

一度、嫁いだけれど

もめ事を起こして離縁されて、

自暴自棄になって、

夜な夜な芸術家の男たちをはべらせて、

遊び歩いていたとか、

浴びるようにお酒を飲んでいた、とか。


えー、こんな方は、

修和女学校の清らかな校風に、

なじめませんわよ~~。


だけど、はなと蓮子さまは、

いずれ腹心の友になるんですって。


白鳥さんが蓮子さまに

お食事を運んだ時、

蓮子さまが「ありがとう」という言葉を、

発するまでの時間が長かったね。

BGMもセリフも何もない時間が。


仲間由紀恵の演技は素晴らしいと思うけど、

ドラマ自体は、私はあんまりおもしろく感じないわ。


あまちゃんから朝の連ドラを見る癖がついて、

見るだけじゃなくて、感想を書く癖もついて。

惰性って怖い…。



関連記事

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

最新記事
過去記事
プロフィール

ahaharui

Author:ahaharui
あはは☆るいです。ドラマやバラエティーの感想を主に書いています。時折、面白かった本やコミックの感想も。詳しくは自己紹介&ブログ紹介を見てね♪

カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR