2014.04.21

花子とアン 第19話 感想

仲間由紀恵の登場で、

ぐっとドラマが引き締った。


『花子とアン』が始まる直前の番宣で、

仲間由紀恵の間の取り方が、

あの時代にふさわしくて素晴らしいと、

演技指導の方が話していたけれど、


葉山蓮子(仲間由紀恵)の転入で、

画面から伝わる雰囲気が

ガラリと変わってしまった。

すごい女優さんだ…。


葉山蓮子は24歳。

はなより8歳年上。


8歳も離れているけれど、

いずれ『腹心の友』になるんだろう。


腹心の友という言葉は、

聞きなれないけれど、

親友以上というのは雰囲気で感じる。


蓮子さまは個室でお食事。


はなが食事を運んでも、

ありがとうのひと言もなし。


「もうさがっていいわ」


ああ私も、こんなひと言を、

スラッと言ってみたいもんだ。


はなは数学とお裁縫が

苦手のようだけど、

蓮子さまは、

苦手なものってあるのかしら?

何でもこなしてしまいそう。


蓮子さまは、先生たちとは違って、

自由な恋愛観をお持ちのようで。


先生に向かって、ズバリ、

「恋愛経験が乏しい」と言うなんて、

グサッときただろうな、富山先生。


やは肌のあつき血汐にふれも見で

さびしからずや道を説く君

               与謝野晶子


富山先生のプライドズタズタ。


「勉強ばっかり教えていらっしゃって、

ほてった肌に触れることもせず、

お寂しくないのですか?富山先生?」


な~んて、面と向かって

言われるよりはましか…。


ごっつうええとこのお嬢様みたいだけど、

富山先生の怒りは抑えられず。


Go to bedメラメラ


それでも蓮子さまは、

少しも動揺せず。


「ごめんあそばせ」


富山先生は、蓮子さまに

Palpitationドキドキ

動悸しまくりだ。

富山先生あまり怒ると体に悪いよ。



朝市は、勉強を続けているんだね。

はなから「勉強続けてるけ?」という

手紙をもらって、やる気倍増かな?



朝市は、神父さまに、

人の役に立つ勉強をしたらどうかと

言われたけれど、


人の役に立つといえば、医者か?

でも、医者になるのは無理かもなぁ。

そうなると、学校の先生かな??



関連記事

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

最新記事
過去記事
プロフィール

ahaharui

Author:ahaharui
あはは☆るいです。ドラマやバラエティーの感想を主に書いています。時折、面白かった本やコミックの感想も。詳しくは自己紹介&ブログ紹介を見てね♪

カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR