FC2ブログ
   
08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

ごちそうさん 126話 感想

め以子は本当に気づいてなかった。

悠太郎が満州へ行くことは

分からなかったにしても、

あの悠太郎が、

急に手をつないだりするのは、

ちょっとおかしいと

思わなかったのかなぁ。


私は悠太郎(東出昌大)のことは、

妙な関西弁も含めて、これまで、

あんまり好きではなかったけど、


「この先あの人のことを

助けたってくれますか?」

と、源ちゃんに頭をさげて、

め以子のことを頼んだあたりから、

涙がダーダー。

…になりそうだったけど、

1人で見てなかったので、じわじわくらい。

悠太郎と同じであらゆる所がゆるくなってる…。


源ちゃんも、め以子のことが

女として好きだった。

源ちゃんにとって、め以子は、

「たった1人の人生の相方なんや」

め以子は幸せ者。


「食わしとくから」と、

源ちゃんは言ったけど、

め以子にはそれが1番!


悠太郎が最後にスコッチエッグを

食べられたのは良かったけれど、

め以子のあの質問は、

これから戦地に行く悠太郎には酷だった。


「次は何を造るんですか?」


次は上に伸びるものが

造ってみたい悠太郎。


その言葉を聞いため以子は、


ふ久や泰介やかっちゃんや希子ちゃんとも、

みんな一緒のアパートメント住めたらいい。

近所に住んで、孫あずかって、地下鉄乗って、

ホテル行って、おいしいもんたべて、

み~んなこれおじいちゃんが造ったんよって…


悠太郎は涙がこぼれそうになる。

そう出来たらいいけど、

そう出来ない可能性のほうが大きいことを、

悠太郎は分かっている。


悠太郎の夢を叶えることが、

自分の夢になったと、め以子は言った。

でも、それほど一生懸命、悠太郎に

尽くしていたかなぁ?と思ったりしたけど、

まあええわ。


「私は厚かましいですから」正解!


め以子のごはんを食べたおかげで、

悠太郎も仕事ができた、と。

「何百億分の一かは私のおかげや」

め以子のような考え方ができたら幸せ。


最後はお静に言われて、

め以子は悠太郎を追いかけた。


め以子にはまだ食べたいものがあった。

悠太郎さんの作る手料理が食べたい。

笑顔で「いってらっしゃい」

「できるだけ早く戻ります」


でも、たぶん、

これが最後のお別れになるんだろう…。


最後まで泣いた方には申し訳ないけれど、

悠太郎がめ以子の食べている姿ばかり

思い出すあたりから、涙が引っ込み、

悠太郎の変化に、最後まで気付かないめ以子に、

私はちょっとイラッとしてしまいました。

涙が出たり、引っ込んだりと、忙しい126話でした。



関連記事

theme : ドラマ感想
genre : テレビ・ラジオ

最新記事

過去記事

プロフィール

ahaharui

Author:ahaharui
あはは☆るいです。ドラマやバラエティーの感想を主に書いています。時折、面白かった本やコミックの感想も。詳しくは自己紹介&ブログ紹介を見てね♪

カテゴリ

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR