FC2ブログ
   
08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

あまちゃん 130話 感想

春子が東京に戻ったら、

アキは怒られるぞ、と思っていたら、

水口がやられてたね。


さすが元スケバン。

追い込み方がハンパない。


ちょっとメガネはずしてくれる?
来年の夏まで恋愛禁止って条件で

予備校のCMうけたよね?


ドスッドスッと、

腹にパンチをくらわす春子。パンチ!


アキと種市はプラトニックだと言う水口。

「じっちゃんの名にかけて」


しかし、春子がそんな言葉で

納得するわけもなく。


落ちたメガネを自分で踏んで

壊してしまった水口。

殴られてメガネが壊れたわけじゃないけど、

悲惨な感じがするわ、

あのメガネかけてたら。メガネ



撮影最終日は、クライマックスの撮影。


2日目にもこのシーンの撮影はやってたけど、

アキがうまく演技できなかったシーンだね。
結局は最終日にOKが出たのか。


母ちゃん!
アキ…
母ちゃん。
来てくれたか。
でもすぐ行がねば。
あの男と一緒に行ぐのか?
おらひとりで生きてく。
母ちゃんのように強え女になる。
そうか…。
お母ちゃん、親孝行できなくてごめんなさい。



鈴鹿ひろ美はいきなり
台本にはないセリフを言い始める。

瀕死で寝ているはずなのに、立ち上がる鈴鹿。
上はパジャマを着ているが下はジャージ。
あせるスタッフ。


タンスの引出を開ける鈴鹿。
開ける予定がないから、
美術の備品しか入っていないタンス。
その中からペンキのついたタオルを
出し、

アキに渡して、


「この先、つらい事があったら、
これで涙ふぎなさい」と鈴鹿は言う。


アキは東京に行く時に、
夏ばっぱに言われた事を思い出して、
涙しながら演技する。


ああ、今でねえバガ!

東京さ行ってからだ!

母ちゃん、ごめん、母ちゃん!


2人の演技はいいが、

ジャージや汚いタオルが映っているため、
もう一度撮りなおしたい太巻だが、
鈴鹿ひろ美はできないと言う。


公開されたあのシーンは、
ジャージやタオルを、
うまくごまかせたのかな?


1か月半に及ぶ映画の撮影が終わった。


アキの所属事務所の社長・春子が、

太巻に挨拶にやってきた。


「この都度は娘がお世話になりまして。

何とお礼を言っていいのか分からないので

言いませんけど」と、太巻にも強い態度の春子。


果たして打ち上げは無事に終わったのか?


撮影終了後、無頼鮨へ行ったアキと鈴鹿。


種市は板場の修行に入った。

鯛をさばき、差し入れです、と持ってきた種市。


女優としての評価が気になるアキに鈴鹿は、

やっぱり女優には向いてない、と言う。


あの演技は天野アキだったと言う鈴鹿。

確かにそうだったかもしれない。


今、日本で天野アキをやらせたら、

右に出るものはいない。

でも、女優としては向いてない。


向いてないかもしれないけど、

向いてないけど続けるのも才能だ。

と言う鈴鹿。


これまでずっとアキを見守り続けてきた鈴鹿の、

心のこもった言葉をカウンター席で聞いて、

ちょっぴり涙する水口。


その年の暮れ、

主題歌のレコーディングが行われました。


というラストのシーンでは、

アキが歌おうとしているところへ、

春子がやってきたけど、

どうなるんだろう?


予告では春子が歌うような感じだったよね?



関連記事

theme : NHK:朝の連ドラ
genre : テレビ・ラジオ

最新記事

過去記事

プロフィール

ahaharui

Author:ahaharui
あはは☆るいです。ドラマやバラエティーの感想を主に書いています。時折、面白かった本やコミックの感想も。詳しくは自己紹介&ブログ紹介を見てね♪

カテゴリ

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR