FC2ブログ
   
09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

激流~私を憶えていすか?~ 第7話 感想

事故だったのか…。


携帯電話携帯のある時代なら、

冬葉は助かっていたかもしれないね。

外傷はそれほど見当たらなかったから、

救急車がすぐに到着して、

AEDとか使っていたら、

もしかしたら、命は助かったかもしれない。


それにしても、旭村先生は許せない。

救急車を呼ぶと言っておきながら、

毛利先生と冬葉を残したまま、

戻ってこないなんてむっ


旭村が精神的に病んでしまったのは、

いつからなんだろう?


冬葉では?と思われていた佐伯茉莉が、

一時帰国したときに、携えた手紙。

それは、美弥や圭子たちの同級生の

長門悠樹からの手紙だった。


長門は、エドワードと呼ばれていたが、

エドワードは通称だった。

マニラに住んでいて、仕事は

ライブイベントなどのコーディネーター。


その手紙には重要な秘密が。手紙


中学の頃、旭村が女の人と歩いていた、

とクラスメイトが話していたのを聞いて、

突然、カッターの刃を向けた冬葉。


冬葉がどうしてあんなことをしたのか?

長門は知っていた。


冬葉は泣きながら、長門に話した。


明け方の海辺で旭村と腕を組んでいたのは、

冬葉の母であろうことを。


冬葉は知っていた。

母親が、夜中に家を抜け出して、

旭村と会ってること。そして、
明け方まで帰ってこないことも。


冬葉の失踪と、そのことが、

関係してるんじゃないかと

長門は思っていたのに、

どうして何も言わなかったんだろう?


万が一、そのことと冬葉の失踪が

関係がなかったら、

繊細な冬葉が傷つくから?


本当のことが知りたいと、

裕子に会いに行った、サバ、圭子、貴子。

裕子は当時、苦しんでいた。

両親の病気、姑の介護、そして夫の浮気。

そんなことを旭村に相談しているうちに、

男と女の関係に。


あの人は私の話を聞いてくれる

唯一の人だった。



介護は大変だからね…。

それに加えて夫の浮気。

ま、裕子の気持ちも分かるけど、

なぜ娘の担任の先生に、

家のことを相談していたのかな?


いくら話を聞いてくれる「唯一の人」とはいえ、

娘のことでもないのに、何度も相談するなんてあつかましい。

それとも、旭村先生も裕子が好みのタイプだから、

相談にのっていたのかな…。


冬葉の才能を伸ばしてやろうとしない母・裕子。

婚約者がいると知りながら、旭村とつき合う裕子。

そんな裕子のことを、許せなかった毛利先生。


あなたのお母さんは、してはいけない恋をしている。


普通、言う?

毛利先生も精神を少し病んでる感じだ。


裕子は冬葉のことを考えて、

旭村に別れ話をしたのに、

旭村は別れたくないと言った。


公衆電話で別れ話をしている裕子を、

見てしまう冬葉。

公衆電話の時代の話なんだね。


そのことを毛利先生に話したのが運のつき。


あの2人どこかに逃げてしまうかもしれない。
2人は京都で落ち合うかもしれない。


小野寺裕子は、

常葉山へ向かうタクシーの中で

ふと我に返り、引き返す。


もし裕子が引き返してなかったら、

もっと悲惨なことになったかもしれない。


裕子が来たと思って、

微笑んで振り返った旭村。

そこに立っていたのは毛利佳奈子。


婚約者として怒る気持ちは理解できる。

音楽しか知らないつまらない女、

なんて言われたら、そりゃ怒りたくもなるわ。


言い争っていた時、冬葉が現れた。


やめて!2人ともやめて下さい。


2人の争いを止めに入った冬葉は、

わざと殺されたわけではなかったが、

転落死してしまった。


でも、転落死するほどの急斜面でも無かったから、

転落したことによるショック死?


冬葉は死んだことによって、

私のところへ帰ってきたんだと言う、毛利佳奈子。

あの子の気持ち、あの子の才能を

分かってあげられるのは私だけ、と。


そして、冬葉を山の中に埋めたことを告白する。


あの女の元に冬葉を返したくなかった、

旭村を殺人犯にしたくなかった、という、

勝手な理由で、冬葉の死を隠していた毛利佳奈子。


でも、「私を憶えていますか?」という、

冬葉からのメールは知らないと言う。


えー!では誰がメールを送ったの?

冬葉の失踪を知っている人で、

圭子や貴子やサバの

メアドを知っている人って誰?


う~ん、やっぱり、毛利先生が怪しいけどなぁ。。

直接メールは送ってないかもしれないけど、

誰かに話して、誰かをあおった。


それとも裕子?

でも、貴子が主婦売春していたことまで、

毛利先生や裕子は知らないはずだし…。


そしてまた、圭子にメールが着信する。


2013年7月8日 18:29
はやく私をさがして
        冬葉


次回最終回。

メールを送りつけてきたのは誰?





関連記事

theme : ドラマ感想
genre : テレビ・ラジオ

最新記事

過去記事

プロフィール

ahaharui

Author:ahaharui
あはは☆るいです。ドラマやバラエティーの感想を主に書いています。時折、面白かった本やコミックの感想も。詳しくは自己紹介&ブログ紹介を見てね♪

カテゴリ

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR