FC2ブログ
   
09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

ウーマン 第2話 感想

woman 2話


病院で血液検査をした時、

注射針を刺したところから、

なかなかが止まらない小春。

手にアザもある。

白血病!?


もしそうなら、

あまりにも悲しすぎる( p_q)


福祉事務所に生活保護の申請に行けば、

思い出したくない過去をえぐる質問が待っていた。


ご主人はどうしてお亡くなりになりました?
事情が分かりませんと判断しかねますから。

駅で 電車に…


昼も夜も働けど、生活は楽にはならず、

生活保護の審査は通らない小春。


毎晩、望海と陸だけで過ごしていることを

不審に思った近所の女性に、

児童相談所に通報されてしまった。


再婚して、地方のログハウスで暮らす由季へ、
望海と陸をしばらく預けることにした小春。

小春と離れて暮らしても、
寂しい様子なんて、
これっぽっちも出さない望海。
本当はすごく寂しいのに…。


一緒に花火やろう、と言われても、
望海は花火をしようとしない。

火のついた花火を、

由季から手渡されて、


きれい女の子


本当は花火がしたかった。
でも、お母さんと花火をする約束をしたから…。

その夜、小春から電話がかかっても、
望海は寝たふりをして電話に出ない。
泣いていたから。


お母さんと一緒に花火をすると約束したのに。
手渡された花火をきれいと思ってしまった…。

花火をしただけなのに。(ノДT)


福士事務所の生活保護担当員、良祐は、
妻・藍子と、うまくいっていなかった。


養育費はいらないから。子どもは引き取るから。

母親のくせに。


母親のくせに!?そんな言い方するなんて…。


そんなやり取りを妻としたあと、スーパーへ行くと、

小春がワインを手に持っているところに出くわす。



その後どうですか?

ワインを手に持っている小春を見て、


でも、お元気そうですね。

お子さんは?
今は友人の家に…。
預けて?
それでワインですか?


ワインを戻す小春。


嫌味だね~。ムシャクシャしてたのは分かるけど、

その言い方はないよ。


そして、スーパーを出た小春を

追いかけてきた良祐。


すいません!
そういうつもりで言ったんじゃないんです。
どうぞ!

ワインを渡そうとする良祐。

ワイン、割れちゃったね。


子ども預けてお酒飲んでるみたいに言って。

いや、そんなふうに聞こえたし。


母親失格ですね。
ワイン買おうとしたんです。
ワイン飲んで、本でも読もうかなって思ったんです。


まだ生活保護もらってないんだから、

自分の働いたお金で、

安いワイン飲むくらいのこと、いいよね?


髪の毛にガムがくっ付いて、
毛を切ることになった望海。

泣くのは我慢したけど、
もう、由季のところにいること自体が、

我慢できなくなった。

陸と一緒に東京へ戻ろうとしたが、
電車に乗り、発車のベルが鳴ったとき、
大切なぬいぐるみトトロ(ワニのぬいぐるみ)を
落としていることに気付いた陸は、

電車を降りてしまう。


1人で電車に乗る望海地下鉄

望海は小春に電話をかけるが、
小春は病院で検査中で、


留守番電話につながってしまう。
何度電話をかけても、小春に電話がつながらない。


最後の十円玉を入れ…。

望海の手が止まった。

望海は健太郎に電話したが、
健太郎は居眠りをしていて出ない。
電話をとったのは、娘の栞。


栞は望海のところへ来てくれた。

そのころ、小春にも望海がいなくなった連絡が。


望海は大丈夫。あの子しっかりしてるもん。
心配してない。あの子は大丈夫。
今から大月駅に向かいます。


自分に言い聞かせるように、

大丈夫という小春。


確かに望海はしっかりしているけれど…。



(回想シーン)
信が望海に絵本を読んでやり、

望海が泣いている。


どうした? どうしたどうした?
ねえ、怖かったの?ねえ?
大丈夫。望海のことは、お父さんが一生守るよ。
ホント?
うん。ホント。


お父さん、望海のを悲しい目になんか、
絶対、遭わせない。

でも、信は、望海のことを守れなかった。
天国へ行ってしまったから…。


胸が痛い。

どうして、あんなにいいお父さんと、

あんなにやさしいお母さんと、可愛い子ども達が、

こんなに悲しいめに遭わなきゃいけないの?

栞の部屋で、信の顔を描いた絵を見つける紗千。
絵がくるんであった新聞に書かれていたのは、


(見出し)痴漢で逃走。
会社員電車にはねられ死亡。


(記事)電車内で帰宅途中だった高校2年生の少女の下半身を
数回にわたって触った疑いがもたれている。


そんなことあり得ない。

濡れ衣だ。

誰かに陥れられたんだ。


小春が望海を迎えにきた。
お母さんと一緒にしようねって言ってたのに、
花火しちゃったの…お母さんごめんない、
と泣く望海。


お母さんと花火しよう。

ごめんね。約束したもんね。

いっつも今度ばっかだったもんね。
お母さんひとりで寂しかった?
寂しっかった。
もう大丈夫だよ。
涙を拭きあう2人。


こんな小さな娘に「もう大丈夫」なんて言われたら、

誰だって涙ボロボロだ。(T_T)


あのお姉さんは?

梨の絵を描いた人?
栞にお礼を言う小春。
青柳です。望海の母です。
植杉栞です。
お姉ちゃん。


「・・・・」


ところで、栞は、

電車に乗って具合が悪そうだったね。

「電車乗ったの、4年ぶりだから」と望海に言ったが、

栞が電車に乗れなかった理由は、

あの電車事故??


栞は、母親に、


もっとお金使ってあげたほうがいい人、いると思うし。


と言っていたが、


当の母親・紗千は、


私の娘は栞だけです。


栞に気を使って言った言葉と思いたい…。


第3話もまた悲しいんだろうか?あんまり悲しいのは勘弁して…。



関連記事

theme : ドラマ感想
genre : テレビ・ラジオ

Secret

最新記事

過去記事

プロフィール

ahaharui

Author:ahaharui
あはは☆るいです。ドラマやバラエティーの感想を主に書いています。時折、面白かった本やコミックの感想も。詳しくは自己紹介&ブログ紹介を見てね♪

カテゴリ

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR