FC2ブログ
   
10
1
2
3
4
6
7
8
9
10
11
12
14
15
16
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

前世占い その2

前世占い その1

↑まだ読んでない方はこちらをご覧ください。


物語を作るのは嫌いじゃないけど、

自分の前世をヒーラーのために創作するのは疲れる作業だ。


1日にブログを2回更新したことさえない私が、

約1時間の間に、

自分の前世を2作品も創作するのだから疲れて当然だ。

しかも、決してお安くない料金を払うのだから。


1回目の前世創作が終わった後、

ハーブティーをいただき、トイレも済ませた。


さあ、考えるんだ!何かしらの前世を!!


どうせ考えるなら、素晴らしい前世を☆と思ったが、

ふと、前日読んだ本の登場人物が頭に浮かんだ。

さえない男だ。


ま、いいか。


「その人はどこに住んでいますか?」


えーっと、、、今度はどこにするかな、、、


「さ、寒い外国の地方のようです」さえない男に似合いそうな場所。


「何が見えますか?」


んー、寒い地方だから。。


「暖炉が見えます」


「周りに誰かいますか?」


あー、冴えない男でも妻ぐらい登場させるか。。


「女の人が見えます」


「あなたの子どもですか?」


「いいえ、妻です」


「他に誰かいますか?」


えー、まだ誰か登場させるの?


「うーん、、子どもが2人と父親らしき人が」嘘ばっかり。


「あなたのその人生は終わりへと近づきました。

何が見えますか?」


ふへー、何も見えない見えないんだよー。


「えーっと、えーっと、ベッドに横たわり、妻がそばに」


「あなたは何を考えていますか?」


「もっと家族に優しくしてあげれば良かったと思っています」

ま、このへんが妥当な答えだろう・・・。


「はい、では前世から現世へとゆっくり戻りますよ」


やっと戻れるぅぅぅぅぅ。もう創作しなくていいんですね(゚ー゚;



前世占い?前世療法?が終わったあとも、

何かアドバイスされたような気もするが、

早く帰りたいと思うばかりで、

財布からお札を取り出して渡したことしか覚えていない。


こんなことなら、美味しい物でも食べればよかった←いつもそう思う私。


わざわざ車を1時間ほど飛ばして行ったのに、

誘導されても前世は見えなかった。

だけど、一生懸命に誘導してくれるヒーラーに悪いから、

気を使って、お金使って、バカみたいだった。



でも、ヒーラーの誘導で

前世?らしきイメージが浮かんだ体験もあります。


つづく。





関連記事
Secret

最新記事

過去記事

プロフィール

ahaharui

Author:ahaharui
あはは☆るいです。ドラマやバラエティーの感想を主に書いています。時折、面白かった本やコミックの感想も。詳しくは自己紹介&ブログ紹介を見てね♪

カテゴリ

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR