FC2ブログ
   
12
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

島の先生 第3話 感想

島の先生のロケ地はどこかな?と思っていたが、
「スタジオパークからこんにちは」に出演した井浦新が、


奄美大島の隣の加計呂麻島(かけろまじま)という撮影した場所があるんですけど、そこも、ものすごい神秘的な島で素晴らしいところでした。


と言っていた。


ドラマでは美宝島となっているが、

加計呂麻島(かけろまじま)という島だった船

美宝島のほうが、イメージ的にはピッタリですね。


第3話は、留学生・翔司(林凌雅)による、

島育ちの良臣(普久原男)へのいじめが

ストーリーの軸になっていた。


「留学生は島の宝」

大騒ぎになったら留学生は来なくなる。


そう脅された島育ちの良臣は、

いじめられている事を誰にも相談できずにいた。


これはきつい。小さな島だからこそ、

相談できない気持ちは分かる…。


しかし、背中一面のあざを見た

良臣の父・良太郎(ドロンズ石本)がいじめに気付き、

留学生の受け入れをやめるべきだと訴える。


父親ならそういう気持ちになるよねぇ。


しかし、千尋が翔司の前の学校に連絡して話を聞くと、

翔司は酷いいじめに遭っていたことが分かった。


翔司が描いた木の絵が、枯れ木のように寂しい絵で、

ちょっとワザとらし過ぎる感じもしたけど…。


千尋(仲間由紀恵)は娘・広海を虐待していたことと、

翔司のいじめを重ね合わせて苦しむ。


このシーンで千尋はピアノを弾いていたが、

千尋が弾いた曲は、バッハト短調のメヌエット

生徒の舞が弾いていた曲は、バッハト長調のメヌエット

バッハのピアノ小品集の初めに載っている曲です。



それにしても、千尋の虐待の回想シーン、

広海を物入れに閉じ込めて虐待していたけど、

泣いている広海の演技も真に迫っていて、

すんごく怖かった。ぶるぶる。。


人は心に寂しさという闇を抱えていると、

どうして暴力的になるのかな…。


千尋も中学の時に母親に邪魔にされて、

心に寂しさを抱えていた。


中学の時ひとりぼっちだった私を

この島がこの島の人が救ってくれた。
そしてまた今度も…。
みんなは変わらず私を温かく迎えてくれた。
自分のやったことを消すことはできないけど、

私はこの島に過去を乗り越えるチャンスをもらったの。

だから島のため、島の人のために

できる事はなんでもやろうと思ってる。


そう話す千尋先生の話を真剣な顔で聞く翔司。


第3話のクライマックスは、何といっても、

美宝島の自治会長の結婚式で読むスピーチかな。


(スピーチの一部抜粋)

学校存続のため、この留学生を絶対帰らせてはいけない、
私はそのことだけを言い聞かせていた。
でもそんな打算てきな考えでは、人様の子どもは預かれませんでした。
共に笑い泣き悲しみ立ち上がり
いつしか冨美は大切な我が子になっていました。

1年ほどたったある日、ふみは金色だった髪を黒くし、
化粧っ気もなくした姿を見せに来ました。
冨美は恥ずかしそうに、
「私、島の子だから」と言ったのです。
私はこの時の冨美の顔を忘れることはありません。

冨美の結婚、美宝島の人たちみんなが喜んでいます。冨美は島の子。
島のものは冨美の家族です。ぜひ、素敵な旦那さんと一緒に
島に遊びに来てください。末永くお幸せに。


こんなの聞かされたら、

やっぱり留学生もいいもんだなぁと皆思うよね。


ラストは、海の事故で両親を失なって

水を怖がっていた翼が(篠田涼也)が海で泳いだ。

翔司も翼を心から応援した。

ターン地点でへたりそうになった翼だが、
良太郎の声援を聞いて、再び泳ぎだした。


良臣が学校へ来るまで頑張るからね。
島の子は全員リレーの選手だからね。


という翼の言葉を聞いて、良太郎の気持ちも変わった。


いじめもスピード解決して良かったけれど、

小さな島の学校でのいじめは、転校もできないし、

いじめを相談するにも、

島の人全員が知ることになると思うから、

もし、解決できなければ、島を出るしかないね。


小さな島の心温まるお話も、深く考えてしまうと、

う~ん、島に住むのは大変そう…、と思ってしまう私でした。




島の先生関連記事


島の先生感想→第4話

島の先生感想 第3話

島の先生感想→第2話

島の先生感想→第1話

スタジオパークからこんにちは→井浦新






関連記事

theme : NHKドラマ
genre : テレビ・ラジオ

Secret

最新記事

過去記事

プロフィール

ahaharui

Author:ahaharui
あはは☆るいです。ドラマやバラエティーの感想を主に書いています。時折、面白かった本やコミックの感想も。詳しくは自己紹介&ブログ紹介を見てね♪

カテゴリ

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR