FC2ブログ
   
10
1
2
3
4
6
7
8
9
10
11
12
14
15
16
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

島の先生 第2話 感想

主演の仲間由紀恵の出身地は、

沖縄県浦添市だが、

島の先生・千尋の住む島は、

美宝島(鹿児島県奄美群島)←架空の島である。

私はてっきり実在する島だと思った、美宝島。



第2話は、萌果という女の子がメインの話だったが、

萌果、どこかで見たような気がすると思ったら、

そうだ、愛子様に似ているような…。


萌果は母親に厄介払いされたと思い、

怒りっぽくなって、周囲に当たり散らす。


あの年齢で、母親が再婚か?となれば、

その気持ちも分かる。

しかも、母親は自分が島にくる少し前に知り合った人と

つき合っている。厄介払いされたと思っても仕方がない。



母親の交際相手がすごくカッコイイ男でも嫌だと思うが、

萌果に会いに、トリサブレーを持ってやってきた男は、

萌果に言わせると、気持ち悪いおっさん

千尋が言うとおり、現実と理想は違うからねぇ。



しかし、男は萌果の母親にふられたと言う。

だから、お母さんを許してあげてほしいと。

自分の幸せより、娘の気持ちを大切にした母親。

いいお母さんじゃありませんか。


気持ち悪いおっさんは、本当にいい人だった。

こんなに素晴らしい島にこれたのも萌果のおかげだと。


そんな話をしているところへ、

千尋が萌果からの伝言を伝えにやってくる。

まだ結論は出せないが、夏休みに横浜に戻ったら、

お母さんと三人でゆっくり話したい、と。


よかったねぇ、気持ち悪いおっさんヾ(@^▽^@)ノ

萌果の言った失礼な言葉を、何度も連呼したことをおわびします。


ところで、田嶋家に来た男に、

文三(石坂浩二)が言ったセリフですが。


神様の道の上に座ってるんですよ。


小窓のような穴から、もうひとつの穴、

そして塀のくぼみまでが、神様の道だと文三が言う。

そこに座ってはいけないらしい。


神様の道の上に座って、罰が当たらなくてよかった。

むしろ神様から応援してもらえた。



第2話の最後のほうで、

千尋と広海が写っている写真を見た萌果。

広海は千尋の子ども?

その子は今どこに?


そして、いじめられていた良臣が、

千尋に頭が痛いと言って教室から出るが、

すぐに仮病だと言ってごまかしてしまう。

千尋先生、いじめに気付いてあげて。


文三の息子の彰芳(井浦新)は、

里親をやめたいようだが、

そんなこと、文三に言ったら、ひと波乱ありそう。


井浦新が、前回よりも更に島の人らしくなっていて、

都会的な井浦新を全く感じさせない役作りに、

さすが役者さんだと思った。



島の先生関連記事

島の先生感想→第4話

島の先生感想→第3話

島の先生感想 第2話

島の先生感想→第1話

スタジオパークからこんにちは→井浦新



関連記事

theme : NHKドラマ
genre : テレビ・ラジオ

Secret

最新記事

過去記事

プロフィール

ahaharui

Author:ahaharui
あはは☆るいです。ドラマやバラエティーの感想を主に書いています。時折、面白かった本やコミックの感想も。詳しくは自己紹介&ブログ紹介を見てね♪

カテゴリ

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR