FC2ブログ
2018.09.16

この世界の片隅に 最終回 感想 この世界の片隅にうちを見つけてくれてありがと

戦争は終わった。

だけど食べ物がない。

北條家は周作は戻ってこないが、

お義父さんも再就職できたし、

径子さんも事務の仕事に出ている。

家族がいるという幸せが

画面を通して伝わってきた。


径子とすずは『残飯雑炊』を買って、

「何が入っとるか分からん」と

ブツブツ文句を言いながらも

「うまっ」「うまっ」と2人で食べているのが

仲良くて微笑ましかった。


幸子夫婦も幸せそうで嬉しいわ。

「さっちゃん」「よっちゃん」と呼び合って、

イチャイチャしちゃって(笑)


志野のご主人も無事に戻ってきた。

すずと幸子が幸せそうだったから、

志野が心配だったけれど、ほっとした。


すずに実家から手紙が届いた。

あの日以来、お母さんは行方知れず。

妹は理由は分からないが寝たきり。

「我慢せんと泣いてええよ」と

お義母さんに言われて泣いたすず。

ずーっと心配してたと思う。


そして、広島へ行っておいでと

快く送り出してくれる北條家の家族。

ほんまに温かい人たちで良かったねぇ。


町へ買い物へ行くと言って出たまま、

すずのお母さんは帰ってこなかった、と。

お父さんもその後、すぐに死んでしまった。

お婆ちゃんと妹は生きておれたが、

どんなにか心細かったろう…。


すずが帰ってきてくれて、

妹のすみも嬉しかったと思うわ。


北條家には周作も帰ってきた。

でも、すずは実家に帰って不在。

ムッとする周作。


「何はぶて(腹を立て)とるん?」と聞かれて、

「会いたいんじゃ。はよ会いたいんじゃ」

家族の前でもはっきりと言う周作。

もう~ラブラブじゃねぇ。(* ´艸`)クスクス


すずの実家までやってきた周作。

貴重な缶詰をお土産に持って。


「すずはどうですか?」と

お婆ちゃんに聞かれた周作は、


「すずさんと一緒に生きていけるんは
えらい幸せじゃと思うとります」



ストレートに言うねぇ。ええねぇ。

すずと周作が子どものころ出会った街は、

戦争で跡形もなくなったが、

あの時も、今も、周作はすずを

この街で見つけてくれた。


「この世界の片隅に
うちを見つけてくれてありがと。
もう離れんでずっとそばにおって下さい」



この世にはたくさんの人がいて、

そのたくさんの人の中から、

たったひとりの人と出会って結婚して…。


すずと周作が出会った時代は特に、

そういう思いが強かったと思う。


新型爆弾が落ちた日に、一瞬にして

お母さんを亡くした孤児の女の子を

周作とすずは連れて帰ってきた。

径子は亡くなった晴美ちゃんの服を

その女の子に用意してあげた。


過去と現代が交差してしていたが、

現代に出てきたお婆ちゃんは、

その女の子だったのね。

すずと周作の子は

出来なかったということか、

それとも作らなかったのか。


そして、水原も帰ってきた!

「生きるで!」と海に向かって叫ぶ水原。

良かったほんまに良かった。


「負けんさんなー広島ぁ!」と、

すずと周作が叫ぶシーンと、

広島カープの試合とが交差した。

過去と現在の交差の仕方が、

ちょっとうまくいってない感じはしたが、

広島はこの前の豪雨で

被災された地域もあったので、

「負けんさんなー広島ぁ!」と

過去からの応援が届いて

その点では良かったと思う。


周作がいい男で、

ストレートにすずへの思いを口にして、

すずも周作への思いを素直に言葉にする。

つらい時代背景だったが、

ふたりが爽やかで幸せそうな夫婦で、

じ~んとしたドラマだった。


ランキングに参加しています。
応援して頂けると嬉しいです♪


にほんブログ村
関連記事

にほんブログ村

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
過去記事
プロフィール

ahaharui

Author:ahaharui
あはは☆るいです。ドラマやバラエティーの感想を主に書いています。時折、面白かった本やコミックの感想も。詳しくは自己紹介&ブログ紹介を見てね♪

カテゴリ
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR