FC2ブログ
2018.06.09

山崎賢人・主演映画 『羊と鋼の森』 感想

注意※映画のネタバレは、
ごくわずかしかありませんが、気になる方は読まないでください。


評判どおりに、

ピアノの音が美しい映画だった。

映像とピアノがマッチして、

心地よい時が流れた。


でも、ストーリー的には、

あまり感動がなかった。

調律師の外村(山崎賢人)が

成長していくさまが

大ざっぱな感じがした。


調律師が何人か登場するが、

調律師の違いによって、

どれほど音が変わるのか、

いまいち体感できなかったのが残念だ。


いっそのことドキュメンタリーで、

本物の調律師が調律して、

ピアノの音が変化してゆく様子を

見せて聴かせてくれたら、

もっと感動できたかもしれない。


双子の姉妹のピアノ演奏のシーンは、

何度も出てきたが、

どれも印象的で良かった。


城田優は山崎賢人の調律が

気に食わないという役柄だったが、

何が気に食わないのか、

あまりよく分からなかった。


ピアノの演奏がない部分は、

私はそれほど面白くなくて、

何分か寝てしまった…。


宮下奈都さんの原作は未読。

先に本を読めばよかったな、と

少し後悔した。


それにしても、なぜ、

ピアノといったら『森』と結びつくんだろう?


宮下奈都さんは、家族5人で

北海道へ山村留学した経験があるそうだから、

その経験から、「ピアノ=森」と

結びつくのかもしれないが。


映画館で映画を見たのは久しぶりだった。

仕事を定時であがって、

急いで映画館に向かったが、

夕方からの上映は始まっていて、

そのせいか、

映画館の受付の若い女が感じ悪かった。


座席も受付の女が勝手に選んだので、

えΣ(・ω・ノ)ノ!と思って、

少しだけ言葉で伝えて変えてもらったが、

中に入ってみれば客は片手で数えられた。

どこに座ってもいい状態だった。


映画が終わった後、チケットを見たら、

1600円と書かれていたのに、

私が支払ったのは1800円だった。


映画館の階下にあるショッピングセンターの

買物カードを提示すれば200円割引。

普通なら「カードをお持ちですか?」と

受付の人は聞くが、その女は聞かなかった。

私も急いでいたので、忘れていた。


しかし、チケットには1600円と

はっきり印刷されていた。


間違いなく受付の女は私に

「1800円です」と言ったし、

1000円札2枚を出したおつり200円が

私のお財布に入っていた。


受付の女にはことごとく

イラッとしたが (-_-メ)

後の祭りだ。


映画の私の総評は、

ピアノの音や自然の映像は良かったが、

ピアノ調律師の話としては、

表面をなでて終わったような印象だった。


ピアノの音がステレオで響くので、

普通にピアニストのコンサートを聴くよりも、

迫力のある音が耳に飛び込んでくる。

それが映画館で見る醍醐味…なのかもしれない。

ブログランキング・にほんブログ村へ


 Copyright ⓒ きまぐれ人間観察日記 All Rights Reserved
関連記事

にほんブログ村

テーマ : 映画館で観た映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
過去記事
プロフィール

ahaharui

Author:ahaharui
あはは☆るいです。ドラマやバラエティーの感想を主に書いています。時折、面白かった本やコミックの感想も。詳しくは自己紹介&ブログ紹介を見てね♪

カテゴリ
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR