FC2ブログ
2018.05.12

あなたには帰る家がある 5話 感想 誰が一番怖いのか

綾子を演じている木村多江の

インタビュー記事に

太郎は綾子をとても愛している、

愛している形が歪んでいるけれど、

といった内容のことが書いてあった。


13日の金曜日に綾子の帰りが遅かった、と、

太郎がいちいちメモしているのが、

愛しているというより、監視している感じだ。


綾子は一人では生きていけない女、

なんだってさ。


誰かにすがって生きる女。

太郎の収入で養ってもらい、

あなたのおかげ…と言葉にして、

それでも満たされない女・綾子。


普通、こういう奥様は、

物静かで花を育てて我慢して終わる。

だが、綾子は人の亭主に手を出す。


こんなこと、もうやめなよ、と

息子に言われる綾子。

息子も気づくほど、

綾子の妙な行動は毎度のことなのか。


ごく普通の奥様でも、

玉木宏みたいな営業マンが訪ねてきたら、

ただ話すだけでも、

ウキウキするに違いない。


そこから先に踏み出すのが

綾子のすごいところだ。


綾子は自信なさげに見えるけど、

自分の女性としての魅力に

かなり自信を持っているのかもしれない。


それなのに、なぜ太郎と結婚したのか。

弱みを握られているのか。


あの姑もイケずな女だよね。

花が大好きなら、

私も花を育てたいと言えばいいじゃない?

タバコを花に投げ捨てるような女に

花を育てる資格はないよね。


綾子の息子も、

なぜおどおどしているのか。

おかしな両親に育てられて、

おかしくなってしまったのかな?


確かに、おかしな人のそばにいると、

自分が変なのか、相手が変なのか、

毎日の繰り返しの中、

分からなくなってしまいそうだ。


綾子が雨宿りしたのが、

スーパーではないことを

ほぼ確信しているのに、

わざわざ菓子折りを持っていき、

確かめる太郎。


浮気を疑う気持ちと、

認めたくない気持ちが

太郎の中で戦っているのかもしれない。


秀明はタケノコごはんを作ろうとしていたが、

そこまで頑張らなくてもいいような。

家庭を壊したくないけれど、

綾子の怪しい魅力を

突っぱねることができない秀明。


太郎は47歳だけど、秀明は39歳だ。

太郎にとっては、秀明の若さも憎いだろう。

綾子は43歳。

43歳で、あんなに大胆になれるんですか。

綾子、すごいぜ。


茄子田の息子・慎吾は、高校生にしては

おとなし過ぎて、この子もちょっと怖いわ。


嘘でもいいから、浮気はなかったと、

真弓も秀明も綾子も言い張れば、

太郎は疑問に思いながらも、

丸くおさまるように思うが、

そうはいかないのね。


ところで、茄子田家のおじいちゃんは、

何も気づいてないのかしら?

そうだとしたら、空気が読めなさ過ぎて

それも怖いね。

ブログランキング・にほんブログ村へ


関連記事

にほんブログ村

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
過去記事
プロフィール

ahaharui

Author:ahaharui
あはは☆るいです。ドラマやバラエティーの感想を主に書いています。時折、面白かった本やコミックの感想も。詳しくは自己紹介&ブログ紹介を見てね♪

カテゴリ
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR