2017.07.29

ひよっこ 102話 感想 世津子は実のことを警察に届けなかったの?

雨男と呼んでいるってことは、

世津子は雨の日に実と出会ったんだろうな、

と想像はできるけれど、

いくらなんでも、『雨男さん』って・・・

まるでコントみたい。



実のことは、みね子のお母さんが捜索願を出していたはず。

世津子は雨男さんが記憶喪失だと分かっていながら、

警察には連絡しなかった、ということだよね?

愛しちゃったのよ、と?

実はずーっとヒモみたいな生活をしていたのかな?



茨城出身の警察官の綿引は、

一生懸命、実のことを探してくれた。

もしも、世津子が警察に連絡していて、

それでも身元が分からなくて、

行くあてもないから一緒にいたのなら、

もう少しみね子も冷静になれたかもしれないね。



それにしても、

世津子が実をかこっている設定は変だ。

有名な女優なんでしょ?

マネージャーだっているでしょ?

世間に知れたら大変なことになる。

あの時代だから尚更ね。



みね子はお父さんが記憶喪失かも(・・?と、

ちっとも疑ってなかったのかな?



記憶喪失と、何もかも嫌になって失踪したのと、

私なら、どちらがショックだろう?と考えてみた。

どちらもショックだけれど、

何もかも嫌になり、世津子と暮らしている、

と知らされたほうが、私ならショックだなぁ。

記憶喪失なら、仕方ないし、

また記憶が戻るかもしれない。

さて、実の記憶は戻るだろうか。


にほんブログ村

関連記事

テーマ : NHK:朝の連ドラ
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
過去記事
プロフィール

ahaharui

Author:ahaharui
あはは☆るいです。ドラマやバラエティーの感想を主に書いています。時折、面白かった本やコミックの感想も。詳しくは自己紹介&ブログ紹介を見てね♪

カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR