2017.07.16

過保護のカホコ 1話 感想

カホコに容赦なく接する麦野役の竹野涼真。

大正大学地球環境科学部地理学科2年の時に、

モデルのオーディション『minaカレ』と、

東京モーターショー2013の

サポーターファミリー「車家の人々」の

次男のオーディションでグランプリを受賞。

本名は竹内崚(りょう)。


確かに芸名の『涼真』のほうが、

売り出すイメージとしてはピッタリするワ。


竹内涼真は、朝ドラの真面目で金持ち役より、

過保護のカホコの麦野の役のがしっくりくるね。


ぜんぜん期待せずに見たドラマだったが、

高畑充希がいいね!!

高畑充希は演じる役で全くイメージが違う。

演じているという違和感がないから、

ドラマにひきこまれてしまう。



「皆、何のために働いてるの?教えて」


してその答えは、



「人を幸せにするために働きたい」


と、自分で答えを導き出したカホコ。


カホコは過保護に育てられたけれど、

決してナマケモノではないから、

これからの変化が楽しみだ。


ピザの配達を押し付けられて走るカホコは、

メッチャ頑張って走っていた。

ティッシュ配りも途中で投げ出さなかった。

体力はありそうだ。


カホコの母、泉(黒木瞳)は、

母親としては「?」な部分もあるが、

正高(時任三郎)の実家にも顔は出すし、

主婦としてやるべき事はきちんとこなしている。


専業主婦の私をバカにしているんでしょ?と、

泉が泣くシーンがあったが、

気持ちは分かるなぁ。


私は専業主婦だった時期もあるが、

子育てや夫の世話、介護…と、

どんなに頑張ったって、

誰も褒めてくれないし、

家のことを一生懸命やったって、

お金をもらえるわけではないし。

働いても褒められることはないかもしれないが、

お給料はもらえる。

それが自信にもつながる。

周囲の人も「大変ねぇ」とか言ってくれて、

専業主婦より兼業主婦のがいいじゃん、

て思うこともある。

もちろん、しんどいことも多いけれど。


正高がしっかりしないから、

泉が変に頑張っちゃうところもあるんだろう。

正高は頭で考えているだけでなくて、

泣いてる泉を抱きしめてあげれば良かったのに。


のほほんとしている大泉成おじいちゃんも、

癒される感じで良かったわ。

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

関連記事

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
過去記事
プロフィール

ahaharui

Author:ahaharui
あはは☆るいです。ドラマやバラエティーの感想を主に書いています。時折、面白かった本やコミックの感想も。詳しくは自己紹介&ブログ紹介を見てね♪

カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR