2017.07.09

世論調査の結果は本当に正しいのか!?という疑問

世論調査の結果というのは、

本当に中立で正しいのか?

という疑問を持つことがある。


私自身、学生のころ、

新聞社に勤務している知人に頼まれて、

無作為に選ばれた家庭に、

電話ではなく、訪問という形で

世論調査を行ったことがある。


断られることが多かったが、

中には丁寧に答えてくれた方もあった。

そのほとんどが、中高年で、

若い方は・・・・私が訪問したお宅では会わなかった。


考えてもみてください。

ピンポ~ン、とインターフォンが鳴り、

「○○新聞と申しますが、

○○の件で世論調査を行っておりまして、

無作為に選ばれたお宅にお伺いしております」

などと、いきなり知らない人に言われて、

ドアを開けてくれるのは、とても貴重な方々だ。

(事前に訪問することを、お電話したようにも思うが遠い記憶なので…)


私が行った世論調査は

質問がけっこうたくさんあった。

質問の作り方(言葉の選び方)によっては、

うまく誘導した答えを導き出すことも可能だと、

学生の私は思った記憶がある。


そんなふうに実施した世論調査が、

あたかも皆の意見のように発表されるのは、

なんとなく私は納得できないけれど、

私ひとりがぶつくさ言っても仕方がない。


ついでに思い出したが、20年ほど前に、

私は家計調査というものに選ばれたことがある。

あとで知ったことだけど、総務省が行っている調査だとか。


いきなりインターフォンが鳴り(←私にはそう思えた)

家計調査をお願いします。

半年間、家計簿をつけて下さい、と言われた。

え゛ーーー!!

びっくりであった。


だって、家計簿をつけるだけではなく、

家計簿を全く知らない人に渡すわけで、

何を買ったか、何にいくら使ったか、

収支はいくらか、すべて知らない人の手に渡るわけだ。


しかめっつらした中年の女性調査員(←と呼ぶのだろうか?)に、

半ば強制的な感じでお願いされたので、

ムッとしてしまい、

「お断りします」と答えてドアを閉めようとしたら、

ドアに足を挟む勢いで、

「年収だけ教えてください」と、

玄関で大きな声で言われた。

え゛ーーー!?である。


玄関先で、大きな声で聞くか?

確か「言いたくありません」と答えた、と思う。


そうしたら、家族構成と、職業を教えて下さい、と。

調査員の威圧感がすごかったので、

それだけは答えた。


「ハガキで前もって知らせましたよ!」と言われたが、

DMか何かと思って捨てたんだと思う。

例え見ていたとしても、お断りしただろう。


もちろん、そのような調査によって、

さまざまな事が分かり、国のために役立つのだと思うが、

お願いする態度というものがあると思った。

中には感じのいい人もいるのだろうが、

個人情報を垂れ流すことに協力するのは、

今頼まれても、やっぱりごめんだ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


関連記事

テーマ : 最近のニュース
ジャンル : ニュース

最新記事
過去記事
プロフィール

ahaharui

Author:ahaharui
あはは☆るいです。ドラマやバラエティーの感想を主に書いています。時折、面白かった本やコミックの感想も。詳しくは自己紹介&ブログ紹介を見てね♪

カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR