2016.09.11

そして、誰もいなくなった 最終回 感想

え゛ー\(◎o◎)/!壮大な事件かと思ったら、
ただの内輪もめかよー。

すべては新一の弟と母親に
周囲が振り回されただけ!?

そんなアホな~~~(*_*)

25年前、お金のために再婚した母親。
再婚の条件は7000万円を母親が受け取るかわりに、
瑛治は養子に出された。

だけど瑛治が頭は良かっただけに
困ったことを思いついた(-_-)

それなら単刀直入に新一だけを狙えばよかっのに。
回りくどいやり方だわ。
巻き込まれた新一の友達が可哀想。

それに、パーソナルナンバーとか、
それほど関係ないじゃん(-_-)/~~~ピシー!ピシー!


ニセの新一に成りすましていた川野瀬猛は
瑛治に刺されて声もあげずに亡くなった。

子供がいっぱいいたのに、誰にも気づかれずに。
(=゚ω゚)ノそんなことってある?

でもって、新一に「刺せよー!」と叫ぶ瑛治。

しかし、新一は…

「みんな誰かを許して誰かと一緒に生きている。
俺はお前を殺さない」


で、最後は母さんがけりをつけました。

えええ゛ーーー (@_@)

田嶋に首をしめられて殺されそうになった早苗は、
強欲な五木によって命を救われた。

五木は早苗を殺すのかと思ったが、
早苗に頼まれて百万円だけ残して去った。

強盗殺人の罪を背負って五木は逃げ切れるのか。
無理だと思うけどなぁ。。。

小山内と新一の日常は、それなりに元に戻り、
新一と早苗には子供が生まれた。

新一は、孤独にならずに済んだ。

「俺は孤独から一番遠いところにいる」と新一。

んー、そうかな。
あれほど悲惨に次々と友達が亡くなったのに、
そう言い切れる新一も、ちょっとイカれてるぞ。

「きっかけさえあれば人間は簡単に人を裏切る」

バーテンダー瑛治の言葉。皆さんはどう思いますか?
そんな人間関係は嫌だなぁ。
だけど切羽詰まったら、
人は簡単に人を裏切るのかもしれないね。

人を信じられる世の中であってほしいもんだ。

最終回は想像していたとおり、
あんまりパッとしなかった…というのが私の感想です。
でも、藤原竜也と伊野尾慧の演技は良かった!



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


関連記事

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
過去記事
プロフィール

ahaharui

Author:ahaharui
あはは☆るいです。ドラマやバラエティーの感想を主に書いています。時折、面白かった本やコミックの感想も。詳しくは自己紹介&ブログ紹介を見てね♪

カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR