2016.02.04

あさが来た 106話 感想 「銀行におなごの行員を!このあさも一応おなごだす」

加野銀行にもおなごの行員さんを!
今では当たり前のことが、
ありえへんことやった時代。


顔をぴくぴく振りながら、
おなごを雇うことに反対するへぇさん。
あの独特なへぇさんの喋り方が、
私は毎日気になって仕方ありまへん。


新次郎はんもおなごを雇うことは反対。
なして?\(◎o◎)/ と思たら、
よからぬ客に、おいどでも触られたら心配という理由から。


働くおなごの大事なおいどは
必ず私が守ってみせます
と、あさ。


そう言われて賛成に回る新次郎。
なんや、そないな理由で反対してたんか。


それから、ふたりとも1つ忘れてますけどな、
このあさも一応おなごだす



ほんまやΣ(・ω・ノ)ノ!
あさはずーっと当たり前のように働いてましたがな。


得意先の工藤さまからの縁談の相談が、
どこでどうなったのか、いつの間にか
おなごの行員募集につながってもた。
どんなことでも商売に結び付けてしまう
あさの発想に驚かされるわ。


器量や愛想のよさよりも 
真面目で根性が据わっている打たれ強い女子を
注意深く面接で選んだあさ。
女のあさだからこその選ぶポイントだすな。


得意先の工藤さまのお嬢様、工藤サカエも合格。
相当ダメな理由がない限り、
落とすわけにはいかへんかったと思うわ。
100人も集まって、採用されたのは4人。
なかなかの競争率。


あさは責任をもって、新入社員研修も始めた。
朝ごはんも晩ごはんも、
千代やよのと一緒に食べられない忙しさ。


千代が銀行にやきもちを焼く気持ちも、
私には分かる気がします。
だって、これほど忙しかったら、
千代の進路を話し合う暇さえないもんねぇ。


一方、和歌山のはつは、
藍之助を連れ戻しに大坂へ向かっている。


千代にしてみたら、仕事を放っておいても、
息子のために駈けつけてくれるお母ちゃんが
羨ましいと思うかもしれんけど、
はつも肝っ玉母ちゃんになったから、
ガツンと藍之助に言いそうだすな。(-"-)


にほんブログ村


関連記事

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
過去記事
プロフィール

ahaharui

Author:ahaharui
あはは☆るいです。ドラマやバラエティーの感想を主に書いています。時折、面白かった本やコミックの感想も。詳しくは自己紹介&ブログ紹介を見てね♪

カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR