2016.01.18

いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう 1話 感想 「タイトル長!」

有村架純が可愛いよねぇ。
女性から見ても、可愛いと思うわ。
白いマフラーがよく似合ってた。


引っ越し屋さんは親切なんだか不親切なんだか…。


音(有村架純)が家を飛び出して、
大雨の中、走っていると、
引っ越し屋さんは視力がいいのか勘がいいのか、
音を見つけてトラックに乗せてあげた。


音ちゃんが話していたように、


「好きな人って、いたら見るんじゃなくて、
見たらいるんだよね」



…てことかな?



引っ越し屋さんは、音ちゃんを運転席から引っ張り上げて
助手席に乗せてあげたけど、
どういう手順で助手席に座らせたのかな?と想像してみたら、
相当大変な気がした。


東京に到着したとき、
引っ越し屋さんは桃の缶詰を一つ音ちゃんに渡したけど、
あれって、勝手にあげてもいいの?
開けてあった箱はサンプル(・・?


それにしても、可愛い音ちゃんを東京まで乗せたのなら、
ちゃんと面倒みてあげようよ。
彼女と出会って都合が悪かったのは分かるけど、
そこはうまく彼女に説明してさ。


音ちゃんの婚約者の白井(安田顕)は、
お金持ちだけど、ヤな男だったねぇ。
養父もヤな男だったけど。
養母は病弱だけど、優しい人で良かったよ。


昭和の話かと思ったが、
携帯電話を使っていたから違うんだな、と。



しつこいようだけど、音ちゃんのセリフ…


「好きな人って、いたら見るんじゃなくて、
見たらいるんだよね」



それなのに、音ちゃんは引っ越し屋さんを
見つけることができない。


引っ越し屋さんがつきあっている日向木穂子(高畑充希)は、
人物相関図によると、広告代理店勤務で、
常に高級品に囲まれて暮らしているらしい。


そんな女がぼろっちい家に住んでいる引っ越し屋さんと
なぜに付き合っているのか謎だわ。


一番の謎は、音ちゃんのお母さんが書いた手紙だ。
もう生きる時間がわずかに迫っている人が、
あれほどの長文をしっかりとした筆跡で、
夜中の2時に書いているのを、私は想像できなかった。


雰囲気がレトロな映画のようで、有村架純が可愛いから、
なんとなく最後まで見たけれど、
頭の中にハテナマークがけっこう飛び交った1話でした。


にほんブログ村

ランキングに参加中です。応援よろしく~ヽ(´∀`)ノ


関連記事

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
過去記事
プロフィール

ahaharui

Author:ahaharui
あはは☆るいです。ドラマやバラエティーの感想を主に書いています。時折、面白かった本やコミックの感想も。詳しくは自己紹介&ブログ紹介を見てね♪

カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR