2016.01.18

あさが来た 91話 感想 「五代が死すとも、五代が作った大坂は残る」

五代さまは体調が悪くても、
人前ではいつもシュッとしているイケメンだ。


五代友厚をウィキで見たら、死因は糖尿病だった。
「あさが来た」では、胸を押さえていたから、
心臓病かもしれないけどね。


もし私が死んだかて、五代が作った大坂は残ります。
我々はいつもそないな仕事をせなあきません



立派なお方だす。
五代さまは、そういう使命を全うすべく生まれてきた
ファーストペンギンなんだろう。


あさが読んでいた『通常動物』という書では、
ペンギンのことは企鵝(ペンジュン)と載っていたね。
初めて学校で教えられたときは、
子供たちは「ペンジュン」と呼んでいたのかな?
あさは「ペングィン」と、五代の発音を真似て
ナイスな発音だったけれど。


さて、加野屋には、あさが炭坑の支配人・宮部を
連れて帰ってきていたが、相変わらずの太鼓持ち。
宮部のように、よいしょする人も、
近頃は減ったように思う。


あさは褒められた経験が少ないから、
宮部にことさら褒められると、
どうしていいのか分からない。


あさのことを認める人が増えると、
おもしろくない雁助。
加野屋の当主は榮三郎なのに、
みんなして「あささん、あささん」と言う。


だけど仕方ないよね。
もうダメかと思われた炭坑も立て直し、
新しく購入した炭坑からも石炭がたくさん採掘される。
大坂商法会議所の五代とも親しいし。


榮三郎はあさの商才を
素直に認めているから爽やか!
雁助が榮三郎を当主として尊重しようと
事あるごとに声に出してくれるから、
そのおかげもあると思う。


亀助はんも元気で頑張っているようで良かった。
ふゆの姿が見られなかったのがちょっと残念…。


五代さまが、もうすぐドラマから退場かと思うと、
それもちょっと残念…。


ちょっぴり楽しんで読んで頂けましたら、
ポチッとクリックよろしくお願いしま~す(*'▽')


にほんブログ村

関連記事

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
過去記事
プロフィール

ahaharui

Author:ahaharui
あはは☆るいです。ドラマやバラエティーの感想を主に書いています。時折、面白かった本やコミックの感想も。詳しくは自己紹介&ブログ紹介を見てね♪

カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR