2016.01.11

あさが来た 85話 感想 「友ちゃん!新ちゃん!と呼び合って欲しかった(笑)」

「あさが来た」は結婚式を描くのがお嫌いで?
と思うほど、榮三郎とさちの結婚式も省略。
もうすっかり加野屋の若奥さんになってるさちさん。


生け花もお手の物。
ようよう普通の嫁さんがきて、
大喜びのよのさん。


そして、もう貫禄たっぷりで、
さちと比べると若くないあさは、
若奥さんから奥さんへ昇格。
あんまり嬉しくないだろうけど。


ふゆと亀助は九州で頑張っているんだね。
炭坑の利益も少しずつ出ているようだ。
でも、九州での暮らしはきついだろうなぁ。


炭坑も落ち着いてきたので、
あさは銀行を始めたくてうずうずしているが、
雁助と榮三郎は大反対。


榮三郎にまで反対されて、今回は折れたあさだけど、
独自に銀行を始める勉強は進めている様子。


あさは対応が柔軟になってきたよね。
頑固に言い張るということをしなかったもんねぇ。


千代ちゃんは近所の子とままごと遊び。
千代にとってはお母ちゃまは
九州の炭坑のお仕事に行ってしまうというのが、
ごく日常的なことなのに、よその子は違う。


七夕の飾りをお母ちゃまと一緒にしたくても、
あさは用事が詰まっていて、
またあとでね、となってしまう。


「何でだす?」


遺伝とは時として怖ろしいものだ。
あさは千代の前では「何でだす?」と
それほど言ってなかったと思うが、
しっかり受け継がれている「何でだす?」。


怖ろしいといえば、新次郎の勘。
五代が英語であさのことをごにょごにょ話しても、
それとなく合う返答をしていた。


もしかして、本好きの新次郎は、
こっそり英語の勉強をしてるんじゃないの?


五代がこれからはお互いに、
友ちゃん、新ちゃんと呼び合おうと冗談を言ったが、
新次郎はちょっぴり本気にしていたね。


でも、すんごく酔っ払ったら、
「友ちゃ~~ん」「新ちゃ~~ん」と、
呼び合うこともあるかもしらん。(ないか…)


しかし、新次郎はんと五代さまのツーショットは、
絵になりますなぁ。目の保養~。

ほんの少し共感して頂けましたら、
ポチッと↓よろしゅうおたのもうします('ω')ノ


にほんブログ村

関連記事

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
過去記事
プロフィール

ahaharui

Author:ahaharui
あはは☆るいです。ドラマやバラエティーの感想を主に書いています。時折、面白かった本やコミックの感想も。詳しくは自己紹介&ブログ紹介を見てね♪

カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR