2015.12.23

あさが来た 75話 感想 「新次郎は背ぇの高さだけでなく人間的に素敵なお方だす」

亀助はやっと気づいたのねぇ。
おふゆちゃんが新次郎にホの字なことを。
え?言い回しが古い?
ドラマに合わせたのよ。私が古いわけじゅなくってよ。


東京で政界の大物たちと、
未来の日本をよくしていこうと
対等に話をするあさ。


対する新次郎は、あさと五代のことを考えると、
憂いのある顔になってしまう。
そのお顔もまたうるわしいけどね。


加野屋の前をうろうろしていた妙な男は、
今後は姿を表さないのかなぁ。
それとも、突然現れて、おふゆちゃんを…。
まさかね、まさかね。。。


五代友厚、大久保利通、福沢諭吉といった
名だたる方々が登場して、
文明開化だ~と、東京の街を満喫するあさ。


いやしかし、ガス灯の明りが、
人の手によって、一つ一つともされていたとは!


新次郎に届いた手紙には、
あさが五代と見た東京のことが書いてあるのか、
東京滞在が長引くことが書いてあるのか。


どちらにしても、
新次郎が喜ぶことではなさそうな気がするわ。


あさはどこでもよく寝て、豪快に食べる。
こういう人はいいねぇ。
心身ともに健康でなくては、大きなこともできない。


せやけど、新次郎はんのことを思うと、
ちょっぴり切ない。


もしも、新次郎が五代友厚や大久保利通のように、
あさが見たい世界に引っ張っり上げることができる男なら、
加野屋で千代を抱いて、憂いある顔で、
嫉妬することもなかったのにね。


でも、大物になればなるほど、
命の危険もつきまとう。


だから新次郎は、加野屋でいつものように
ゆったりとかまえて、千代の世話をしながら、
あさを支えておくんなはれ。


あさにとっては、夫が新次郎だからこそ、
大きな世界に飛び込めるのだから。


五代友厚、大久保利通、新次郎。ホントにイケメンぞろい。
近所にこの三人が住んでいたら、
ノーメイクでは決して外には出られないわ。

そんなことばかり考えて見ている私に
ちょっぴり共感して頂けましたら、
ポチッとクリックよろしゅうおたのもうします。


にほんブログ村

関連記事

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
過去記事
プロフィール

ahaharui

Author:ahaharui
あはは☆るいです。ドラマやバラエティーの感想を主に書いています。時折、面白かった本やコミックの感想も。詳しくは自己紹介&ブログ紹介を見てね♪

カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR