2015.12.15

あさが来た 68話 感想 「サトシは加野屋の前まで来ていた?」

炭鉱は売ると言う榮三郎。
売りまへんと言うあさ。


宝の山にすると前の持ち主に約束して
あの鉱山を買ったのに、
坑内の爆発で大変なことに。
加野屋はまた一からやり直し。


さて、どうなりますことやら。


榮三郎とあさの考え方が合わず、
加野屋の店が険悪なムードになっても、
亀助や弥七が場を和ませてくれるのがいいねぇ。


ぶうたれた顔をしているあさは
絶対に折れない、と言ううめ。
千代を連れて九州に行っちゃうか?


雁助は意外と九州に馴染んでたね。
お茶菓子も美味しそうに食べてたし。
雁助が濃いぃお茶が好きなことは初めて知ったわ。
私はほんの少し濃いくらいが好きよ。


雁助は亀助よりも眼力も強いから、
サトシのことだけでなく、上に立つ者として
九州へ赴任させたのは正解だったね。


新次郎から松造(サトシ)について初めて聞かされたあさ。


子役のサトシはなんとな~く面影があったけれど、
今のサトシとは違って可愛かったね。


松造の家が窮地に追い込まれたとき、
助けてくれなかった加野屋を恨んでいた松造は、
仲の良かった新次郎に「人殺し」と言った。


そら、新次郎もトラウマになるわ。


あれから長い年月が流れたのに、
新次郎もサトシも過去にとらわれたまま…。
いずれ決着をつけるときがくるんだろうね。


加野屋の前にいた怪しい男はサトシ?


サトシのことも何とかしなくてはいけないが、
加野屋もつぶれないように、
必死で頑張らなくてはいけない。


可愛く育つ千代ちゃんが、新次郎やあさだけでなく、
加野屋を明るくしてくれている。
子供の成長を見るのは嬉しいものだ。


雁助はサトシのことは警察にまかせたと
手紙で報告していたけれど、
サトシは姿を見せたら、警察につかまっちゃうの?
それとも…。


親分さんは、サトシは決して根の悪い男ではないと
雁助に話している。サトシが恨みの気持ちを捨てて、
前向きな気持ちになってくれるといいのだけど。


ランキングに参加しています。
応援よろしくおたのもうします~。


にほんブログ村

関連記事

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
過去記事
プロフィール

ahaharui

Author:ahaharui
あはは☆るいです。ドラマやバラエティーの感想を主に書いています。時折、面白かった本やコミックの感想も。詳しくは自己紹介&ブログ紹介を見てね♪

カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR