2015.12.14

あさが来た 67話 感想

今朝はゆっくり感想を書く時間がないため、
簡単な感想で失礼しま~す。


正吉は3日も意識を失っていたとは…。
御維新で大打撃を受けた加野屋。


正吉の心臓が弱るきっかけになったのも御維新?
ストレスは人の身体をむしばむよね。


あさは千代となるべく一緒にいて、
正吉の身体によい薬や食べ物を買いに行ったりしながら、
母として嫁として頑張っていたけど、
じっとしてへん嫁やなぁ(笑)


亀助は雁助と交代して九州から帰ってきたが、
雁助はサトシとどんな話をしたんだろう?


サトシが炭坑から姿を消したと言ってたけど、
雁助がビシッとサトシに忠告したのかもな。


あさは誰もが傷つかないように対処したが、
ビシッと無情にやらなくてはいけない時もある。


あさが商いを極めるためには、
おなごの柔らかい心も必要だけど、
それと同時に五代が言うように、
「偽善者ではあかん」ということかな。


それにしても、親分さんの治りがびっくりぽんなくらいに早くて
ほんまによかった(^O^)/


携帯からの更新は、パソコンで書くより更に
つたない文章になっているかもしれませんが、
読んで頂いてありがとね~。
応援のクリックもよろしゅ~おたのもうします。

にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
過去記事
プロフィール

ahaharui

Author:ahaharui
あはは☆るいです。ドラマやバラエティーの感想を主に書いています。時折、面白かった本やコミックの感想も。詳しくは自己紹介&ブログ紹介を見てね♪

カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR