2015.12.09

あさが来た 63話 感想 「お産も安全第一で。断髪して更に色男の旦那様のためにも」

断髪してもしなくても色男の新次郎はんは、
あさのことは愛していても
ふらふらとお出かけするのが止まらないようで。


やっと生えそろいましたと新次郎が話していたけれど、
そうか、ちょうまげだと髪の毛を剃っている部分があるもんね。
伸びるまでの経過を想像すると、ちょっと笑える。


雁助はちょんまげのほうが似合ってたね。ふしぎ~。


ところで、雁助には娘さんがいたとは知らなかった。
うめも知らなかったのだから、私が知るわけないか。


うめが雁助といい雰囲気なのを
ふゆは敏感に感じ取ったけれど、
あさは全く気づいてな~い。


「おあさ様が鈍くてよかった」 (うめ)


正吉とよのは、あさの出産をお産婆さんにお願いするか、
医者にお願いするかでもめたが、
二人のあさを思う気持ちは同じ。


「もううちの身体だけやのうて
この子の人生は始まっている」 
(あさ)


仕事のことなら突っ走るあさだけど、
さすがにお腹の子のことになると、
ようよう考えるところがあったようだ。


出産も安全第一!


安全第一という言葉に隠された意味を考えると、
九州の炭坑で何か起こるのではないかと
心配になってしまうが、考え過ぎだろうか。


出産まであと10日と予想したお医者様とお産婆さん。
二人の意見が一致しているのだから間違いないだろう。


ちょうどあさがお医者様に診てもらった直後に、
正吉が倒れてしまった。


よのは「時々ああなる」と話していたけれど、
店の者にも、視聴者にも隠していたようで、
私は全く気付かなかった。


誰にも言わんといてと言う正吉。


「どんとしたお父ちゃんのままでいたい」 (正吉)


正吉は心臓が悪いのかな…?


「無事に産んで孫の顔、あの人に見せてあげて」 (よの)


正吉の体調はそんなに悪いのかしら?


まさか、あさが出産したのを見届けて…。


いやいや、そんなことは考えまい。


生まれてくる子は、あさ似か新次郎似かどっちだろうね。
楽しみだなぁ。



安産スッポン!を祈願して、
こちらも↓スッポンとクリックしておくれやす~。

にほんブログ村


関連記事

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
過去記事
プロフィール

ahaharui

Author:ahaharui
あはは☆るいです。ドラマやバラエティーの感想を主に書いています。時折、面白かった本やコミックの感想も。詳しくは自己紹介&ブログ紹介を見てね♪

カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR