2015.12.04

おかしの家 7話(12/2) 『夢の続き』 感想

6話で天使に噛みつかれた太郎と三枝だけど、
天使の話は6話で完結かと思ったら、
7話でもソプラノの声が出ていたので笑ってしまった。


あんなに美声が出たら、太郎じゃなくても
朝から外に出て声を出したくなるわ。


私も天使に噛みつかれた~い! と思いながら見ていた。


でも、天使と同じ声になったという認識は、太郎と三枝の共通の幻で、
現実をしっかり生きている礼子には通じなかった。


今こうして生きている世界も、
皆で見ている共通の夢のような幻なのかもしれないなぁ…。
どうせ夢なら、いい夢がみたいねぇ。


剛くんが島崎をかばって事故で亡くなってしまった。


剛くんは亡くなった後で皆の前に現れたけれど、
悲壮感はなかった。


「仕方ないっすよ」と言う剛くん。


サブタイトルは『夢の続き』だけど、
剛くんが亡くなったことは、夢ではなく現実だ。


住むところ、食べるものがあって、
愛する人、愛してくれる人、そして友達もいて、
平凡で幸せな日常が続いていると、
人はふと、生きている幸せを忘れることもあるよね。


それにしても、はかないなぁ…。


剛くんと島崎は、就職に向けて動き始めたばかりだったのに。


若い剛くんに比べて、島崎は面接にさえこぎつけない。
人の生死と比べたら、「それくらいのことなんて」っと思うけれど、
小さな悩みをたらたら抱え込んで、人は生きてゆく。


きっと島崎は、剛くんの分まで生きようと前を向くだろうね…。


夢の続きは終わってしまったけれど、
現実の世界へ太郎は踏み出せるかな?
礼子と結婚して、おばあちゃんを安心させてあげて。
でも、今のままじゃなあ…。礼子には子供もいるし。

ほんの少し同じように感じて頂けましたら、
ポチッと↓よろしくお願いしま~す。


にほんブログ村

関連記事

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
過去記事
プロフィール

ahaharui

Author:ahaharui
あはは☆るいです。ドラマやバラエティーの感想を主に書いています。時折、面白かった本やコミックの感想も。詳しくは自己紹介&ブログ紹介を見てね♪

カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR