2015.11.29

おかしの家 6話 「夢」 感想

夢か現(うつつ)か幻か。

シュールだったなぁ、6話は。

今回のストーリーは好き嫌いが分かれそう。

私は6話が一番好きだなぁ。


太郎と三枝は天使を見つけてしまった。

羽を付けた変なおっさんに見えるけれど、

声がソプラノだから、やっぱり天使?


そのおっさん天使を捕まえようとする太郎と、

ちょっぴりためらう三枝。


太郎と三枝の首に天使が噛みついたので、

天使っぽい姿をした吸血鬼かと思った。

まさか首を噛まれた二人の声がソプラノに

変わるとは思わなかったわ。


次回作では声は普通に戻っていると思うけど、

ずーっとソプラノのままだったら面白いのに。( ´艸`)

そしたら二人で組んでデュオでデビューでるのにね。


前回までは、夢をつかみたいと思いながらも、

のんびりした雰囲気ばかりが漂っていたように思うが、

三枝が脚本を書き上げたことで一歩前進した。


駄菓子屋の裏で話し込む大人の姿をした子供たちに、

癒されながらも少し飽き飽きし始めていた私は、

現実の夢に向かって踏み出した三枝が新鮮に思えた。

現実の夢と、幻の夢。

二つの夢が交差したような不思議な6話だった。


ランキングに参加しています。

たくさんの応援↓クリックを夢みている私です。


にほんブログ村



関連記事

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
過去記事
プロフィール

ahaharui

Author:ahaharui
あはは☆るいです。ドラマやバラエティーの感想を主に書いています。時折、面白かった本やコミックの感想も。詳しくは自己紹介&ブログ紹介を見てね♪

カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR