2015.11.04

デザイナーベイビー 7話 「公開捜査」 感想

皆本(細田善彦)は山原(斉藤由貴)に

宣戦布告されたと分かると、

山原に罪を押し付けようとしている。


これまで山原と共にデザイナーベイビーを

手掛けてきたのに、情け容赦ない男だな。


山原はなぜ卵子を冷凍保存していたんだろう?

私の見逃しで、もしかして何か理由を話していたのかな?


冷凍保存した卵子は山原にとっては、

とても大切なものだというのは分かったが、

もう子供を産めない体だということだろうか?


生まれたばかりの望を

預かっていた女性の息子も、

山原が胚培養士として手掛けた子だったが、

望を預かっているということは、

その女性も世間にばらされては困る

息子の出生の秘密があるんだと思う。


ゲノム編集したか、もしくは・・・・


もしくは、その女性の息子は、

山原の卵子で…とか?

まさかね。。。


冷凍保存された山原の卵子も、

その女性が預かっていたが、

山原は廃棄した…んだよね??

あんなところに廃棄していいのか!?


皆本が望と一緒に隠すほどに

大切な卵子だったということは、

やはり山原はもう子供を産めない体なのかも…。


崎山(渡辺いっけい)が亡くなってしまった。

皆本は保身のためなら情け容赦のない男だ。

研究者としては優れた男かもしれないが、

こんな医者はイヤだ。


速水だけは皆本の発言に

違和感を覚えているが、

他の刑事たちは皆本よりも、

山原と望を捜すことで頭がいっぱいだ。


優子は息子の新をとにかく助けたい。

生まれたばかりの望から

骨髄を提供させるつもりだ。


山原はそんなことをしたら、

望がどうなるか分からないと心配しいる。

それは優子の夫も同じだった。


優子の夫が願っていたのは、

望が元気に育つことだった。


優子の夫・近森博(池内万作)は

足が不自由だったが、

実は難治性のその病気は、

子供に50%の確立で遺伝する。


できれば博は子供に自分の病気が

遺伝することを阻止したかった。

しかし、着床前診断を受けることはできなかった。


もちろん、博も息子・新の命を

助けたいと思っているだろうが、

優子があまりにも、息子のことばかり考えて、

望の命をないがしろにしていることが、

許せなかったのかもしれない。


でも、親だからこそ、どんなことをしてでも、

息子を助けたいと言う優子の気持ちも、

分からないではない。


それにしても、ドラマの序盤では、

皆本が怪しい様子など、全くなかったのに、

前回からいきなり出てきて、

皆本が誰なんだか、理解するまで時間がかかった。


岸田夫妻も後半は出てこなくなって、

めまぐるしく犯人が入れ替わっていく。

そこが面白いといえば面白いが、

途中からいきなり皆本が乱入(?)してきた感じがね…。

もう少し伏線を…と思ってしまった。


初めは怪しかった須佐見(渡部篤郎)は、

本当はいい人ってこと?


最後に皆本が逮捕されて終わりなら、

なんだそれで終わりか…と思ってしまうかも。



ちょっぴり共感して頂けましたら、

ポチっと↓クリックしてネ♪とっても励みになります。

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ



デザイナーベイビーのスピンオフドラマ第6話

『刑事・土橋福助』を見ました。

2分ほどの短いストーリーだから、

ちょいと見るのにはいいかもね。

ドラマ10の公式ホームページから見られるよ~。



関連記事

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
過去記事
プロフィール

ahaharui

Author:ahaharui
あはは☆るいです。ドラマやバラエティーの感想を主に書いています。時折、面白かった本やコミックの感想も。詳しくは自己紹介&ブログ紹介を見てね♪

カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR