2015.10.22

無痛~診える眼~ 3話 感想

ドラマの中で1番怖かったのが、

爪をはがすシーンだった。殺人のシーンでなく。どういうこっちゃ。

ドラマで女性を殺すシーンがやたらと増えて、

感覚がマヒしてきたのかしら?怖いシーンはきらい。


篠崎は統合失調症のふりをして殺人を犯した。

「心神喪失者の行為は罰しない」

とい刑法39条を初めから悪用するつもりで。


ちょっと横道にそれますが、このドラマを見る前に、

私はザ・世界仰天ニュースを見ました。

世界仰天では統合失調症と戦いながら執筆活動を続けて

見事新人賞に輝き、「青春ロボット」という本を

出版された方を紹介していた。


「無痛~」の篠崎は大げさな叫び声をあげて、

統合失調症のふりをしたが、

ドラマの中で統合失調症がこんなふうに扱われると、

同じ病気の方たちが妙な誤解を受けないか…と、

世界仰天を見た後だったので、少し気になりました。



横道にそれましたが、ドラマの感想に戻ります。


早瀬(伊藤淳史)は篠崎を殺しそうになったが、

為頼(西島秀俊)に犯因症と言われたことが、

心のどこかに引っかかっていたことで、

気持ちを抑えることができたのかもね。


白神先生は為頼先生にイバラが先天性無痛症で、

皮膚、内臓、精神面に痛みを感じない、

不安や恐怖を感じない死も恐れないと話したが、

人間だから、感じ方が変わることもあるんじゃないかな?


メスで手を切り血が流れてもイバラは何も感じない。

他の人が痛みを感じるのはどんな感覚?と、

イバラが疑問に思い始めたとき、

精神面での変化が起こりそうな気がする。


白神はイバラに新しい薬を渡したが、

どういった薬なのか説明もせずに渡していた。

まるでイバラはモルモットだ。

為頼が白神に協力するにしても、

こういうやり方についていけるだろうか?


サトミは事件が起こった家の前で絵を描いていた。

不気味だ。でも、私にはどうしてもサトミが

殺人を起こすようには思えないのだけど…。


ちょこっと共感して頂けたらポチっとお願いします♪

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

残酷な殺人シーンは見たくないけど、

このドラマの全体の流れは興味深いです。





関連記事

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
過去記事
プロフィール

ahaharui

Author:ahaharui
あはは☆るいです。ドラマやバラエティーの感想を主に書いています。時折、面白かった本やコミックの感想も。詳しくは自己紹介&ブログ紹介を見てね♪

カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR