2015.10.15

オトナ女子 1話 感想「女子たちよ大志を抱け」

猫のちくわは可愛いね。

噴き出しのセリフも可愛い。


40歳独身の中原亜紀(篠原涼子)は

恋愛アプリを手がける会社のキャリアウーマン。

猫のちくわと、年下のミュージシャンの

伸治(斎藤工)を飼っていた。


亜紀と伸治がお似合いに見えな~い。

…と思ったら、伸治は亜紀が留守の間に、

こともあろうか、亜紀よりずっと若い真理を呼んで、

亜紀と寝るベッドでエッチしてましたー。


伸治はお母さんにも真理を紹介していた。

しかも、真理だけでなく、

亜紀のことも話したと言う。


伸治のお母さんは言いましたとさ。

結婚するなら若いほうがいいじゃないって。


なんですと!?


伸治はお母さんのせいにしているけど、

心の中では決まってたんじゃないの?

言われるまでもなく、結婚するなら真理とって。


亜紀が心を許せるのは、同じく独身で年も同じの

フラワーショップオーナー大崎萠子(吉瀬美智子)と、

バツイチで女手ひとつで

3人の男の子を育てている坂田みどり(鈴木砂羽)。


亜紀たちは事あるごとに女子会を開いて、

お互いに愚痴を言い合って

ストレスを発散している。


オトナ女子を演じるのが、

篠原涼子や吉瀬美智子だから

見ていられるドラマだと思う。

そうでなかったら、かなり痛いかも。


亜紀は年下の部下とともに、

アラフォー向けの恋愛アプリに取り組んでいるが、

プレイボーイで有名な社長、栗田(谷原章介)も

亜紀たちに期待を寄せている。


高山(江口洋介)という男にゲームの監修を

依頼しようと亜紀は思いついたが、

高山は企画書を見るなり、

「いい年して胸キュンもない」

「40歳は女子とは言わない」と言って取り合わない。


「男は裏切らないけど、

仕事は裏切らないというのは嘘」

とキッパリ亜紀に言う高山(江口洋介)は、

10年以上前に何本もの恋愛ドラマをヒットさせた脚本家だ。


「今度デートしようか?」


高山にそう言われて、一瞬本気にする亜紀。

「昔よくそんなセリフ書いたなぁ」と遊ばれたが、

これから一緒に仕事をすることになった2人。

亜紀と高山のコンビは、

これから面白いことになるかもな。



斎藤工に胸キュンできなかったのが残念…。



ランキングに参加したが、早くもやる気がなくなってきたよ。

頼む!\(◎o◎)/クリックして私を励ましてー\(◎o◎)/!

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


関連記事

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
過去記事
プロフィール

ahaharui

Author:ahaharui
あはは☆るいです。ドラマやバラエティーの感想を主に書いています。時折、面白かった本やコミックの感想も。詳しくは自己紹介&ブログ紹介を見てね♪

カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR