2015.10.13

あさが来た 14話 感想 「露芝の着物」

はつが通された部屋は酷いところかと思ったら、

惣兵衛がはつのために贈り物がしたいと

選んだ反物がい~っぱい。


惣兵衛さん、はつに惚れましたな。ふふ。

この先のことは分からないけれど、

はつが幸せそうで良かったわ。


露芝を手に取るはつ。

私は着物のことは全くというほど知りませんが、

「露芝」というのを調べてみたら、

芝草に露の溜まった様子を模様にしたようです。

四季を通じて用いられる柄ですが、

露=水ということから、涼しさを感じることもあり、

特に夏の着物の柄や帯に用いられるようです。


はつは露芝は地味かと思ったけれど、

惣兵衛は…


「少し地味やな。せやけどええやないか。

はんなりとしているようで鋭さもある。

露芝は派手さはあれへんけど美しい柄や」


「いや~嬉しおすな」


はつは心から嬉しかったでしょうね。


相変わらずニコリともせずに話す惣兵衛だけど、

「派手さはあれへんけど美しい」という言葉の中に、

はつへの気持ちが込められているような…。


一方、あさは掃除まで手伝って一生懸命頑張っているが、

新次郎と夫婦らしい関係にはなっていない様子。


加野屋の息子として立派な仕事ができるのに、

新次郎は朝の五つから昼の八つまで、

ただ座っているだけで仕事はおしまい。


朝の五つというのは、午前八時。

昼の八つというのは、午後二時。

…だと思う。間違ってたらすまん。


加野屋の大奥様も、のんびりしたように見えて、

思い込みが激しく、結婚して子供が3人いる女中に

何度も結婚相手を紹介しているそうで。

これは一癖ありそうですな。


はつなら夜も眠れないと思うけれど、

あさはぐっすり眠れて幸せ者。


少しくらいのことで動じないところが

あさのいいところだけれど、

毎日よその女のところに通う新次郎に、

そのうちキレちゃうかもね。



ランキングに参加しました。クリックして頂けたらメチャ嬉しいス!

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村



関連記事

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
過去記事
プロフィール

ahaharui

Author:ahaharui
あはは☆るいです。ドラマやバラエティーの感想を主に書いています。時折、面白かった本やコミックの感想も。詳しくは自己紹介&ブログ紹介を見てね♪

カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR