2015.10.12

あさが来た 13話 感想

祝言の日を忘れていた新次郎。

本当に忘れていたのかな??

走る、走る、新次郎。これがまた速い。

小走りにパタパタパタパタ…。

それほど早く走っているふうには見えないけど、

新次郎を探しにきた中番頭は必至に追いかけている。


許嫁になって十数年も経ったんだね。


新次郎は祝言の日に遅れた理由を

あさに話そうとするが、

あさに言い訳は聞きたくはないと制されると、

やんわりとした言葉で

あさの言うとおりにするところが新次郎らしい。


加野屋の重大発表~。

新次郎は加野屋の後見人!と言われても、

そんなことはどこ吹く風。

商売のことを弟に頼む新次郎。

こらあかんわ…。


これからは新次郎のことを旦那様と呼ぶように言われ、

犬張り子を渡されて「あんじょうやりなはれ」と姑に言われ、

急に不安になるあさ。


犬の張り子って安産祈願と、

子どもの成長を願う意味があったと思うが、

姑も気が早い。


「あとは流れに身ぃ任せるだけです」と、

うめにアドバイスされたが、

ドキドキのあさは新次郎に抱きしめられて、

思わず投げ飛ばしてしまった。


「あらまだあかん。とんと子供やな」

無理強いしないところが新次郎の優しいところだ。

年齢から考えると、あさの気持ちも分かるが、

新次郎と本当の夫婦になるのはいつのことやら…。



ランキングに参加しました。クリックお願いしますぅ(^_-)-☆

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

関連記事

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
過去記事
プロフィール

ahaharui

Author:ahaharui
あはは☆るいです。ドラマやバラエティーの感想を主に書いています。時折、面白かった本やコミックの感想も。詳しくは自己紹介&ブログ紹介を見てね♪

カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR