2015.10.05

あさが来た 7話 感想

あさはうめに、


「新次郎さんが笑ろうたはんのを見ると、

少し気ぃが楽になんねん」


と話していたけれど、

笑顔は人を幸せにするよね。


それに比べて、

惣兵衛のムスッとした顔を見ると、

「気ぃが重うなるねん」と言いたくなる。


たま~にいるよね、そういう人。


しかしナレーションには笑った。

私だけかもしれないけど。


(ナレーション)

この時あさが腹を立てていたのは

山王寺屋の大奥様ではありません。

はつをかばおうともせず、

ずっと細い目をして黙ったままの

許嫁の惣兵衛のことでした。


ずっと細い目って…(笑)


新次郎と違って、

元々細い目なんだから、

思い切り目を開かないと

大きくならないよー。

そういう意味ではないとは思いつつも…。


はつが初めて山王寺屋へ

挨拶へ行った日に、

部屋に飾ってあった女の能面の口元は、

ほんの少し笑っているようにもとれるが、

惣兵衛の冷たい表情は能面以上だ。


惣兵衛は女性不信か?

それとも人間不信?

両方か?


山王寺屋の大奥様は、

思ったことはすぐに口に出してしまうが、

ある意味、扱いやすいかもしれない。

回りくどくなくて。


山王寺屋の大奥様の態度がデカいのは、

当主が元々番頭で、婿養子に入った人だから。

せめて舅は、はつに優しくしてくれたらいいね。


新次郎は季節の変わり目ごとに

あさに会いに来たようだけど、

なぜ季節の「変わり目」だったのかしら?

「季節ごとに」ではないのが不思議。


あさは新次郎の笑顔を見る度、

嬉しいという気持ちと同時に、

はつに申し訳ないと思ったかもなぁ。

本来なら、はつが新次郎の許嫁だもんね。


そういう気持ちもあって、惣兵衛にも

笑ってほしいと頭を下げたのだと思うが、

惣兵衛のあの態度はどうよ?


でも、惣兵衛に酷いことを言ったら、

困るのは大好きなお姉ちゃんだ。


あさは手を握り締めていたが、

我慢できるかな…。



関連記事

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
過去記事
プロフィール

ahaharui

Author:ahaharui
あはは☆るいです。ドラマやバラエティーの感想を主に書いています。時折、面白かった本やコミックの感想も。詳しくは自己紹介&ブログ紹介を見てね♪

カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR