2015.09.30

デザイナーベイビー 2話 「身代金」 感想

犯人の岸田トモは

5年もあちこちで不妊治療をして

2回も初期流産していた。


城南大学附属病院で、

やっと念願の赤ちゃんが…と思ったら、

妊娠高血圧症候群になってしまった。


その場合、すぐに胎児を取り出すか、

少し様子を見るか、という選択肢があるが、

まだ28週だったので、

須佐美(渡辺篤郎)は様子を見ることにした。


学会で不在だった崎山(渡辺いっけい)なら、

赤ちゃんを助けることができた?


どちらの選択肢を選んでも、リスクはあった。


岸田トモにしてみれば、流産したのに

経過観察で産婦人科に入院しているのは

とてもつらいことだった。


赤ちゃんを失ったことで

須佐美への恨みがつのって、

優子(安達祐実)の赤ちゃんを誘拐したの?


でも無事に病院に赤ちゃんが帰ってきて

この事件はひとまず解決かと思ったら、


赤ちゃんが違う!?


よくぞ優子は気づいたね。

私なら気が動転していて、

分からなかったかもしれない。


じゃあ、病院に戻ってきた赤ちゃんは

いったい誰の子?


優子の赤ちゃんは大丈夫なのか…


というところで次回3話へ続くとなった。


優子は乳腺炎で熱が出てしまった。

本来なら赤ちゃんに吸わせて詰まりを取る、と

ドラマでは説明していたけれど、


お母さんの体調や食べた物によっても、

乳腺が詰まってしまうことがあるが、

乳腺炎になった時の母乳はまずいせいか、

赤ちゃんが吸ってくれない場合がある。


乳腺炎になると酷く痛い。

優子はよく我慢したね。


詰まりを取るためには、

助産師さんにマッサージを

お願いすることになるが、


優子は入院中だから、

すぐに処置してもらえるだろう。


速水(黒木メイサ)は大きなお腹で

2話も活躍したが、

速水の相棒の土橋(渡辺大知)が、

私はいまいち好きになれない。


どこかで見た顔だと思ったら、

朝ドラ「まれ」に出ていた高志か。

渡辺大和はロックバンド

「黒猫チェルシー」のボーカルなんだね。

今ごろになって知ったよ。


ところで、


病院長秘書の有吉久美(臼田あさ美)。

番組ホームページのおもな登場人物の所に、

「…敏腕な秘書。

しかし、男運が悪かったことは否めない」

と書いてあった。


情報を付き合っている男に

その都度もらしているようだけど、

あの男、何をするつもりだろう?




関連記事

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
過去記事
プロフィール

ahaharui

Author:ahaharui
あはは☆るいです。ドラマやバラエティーの感想を主に書いています。時折、面白かった本やコミックの感想も。詳しくは自己紹介&ブログ紹介を見てね♪

カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR