2015.09.29

あさが来た 2話 感想

2話もまた、

「おいどご無事だすか?」から始まった。


玉木宏が言うから、

いやらしい感じがしないが、

脂ぎったオヤジがニタニタしながら

同じセリフを言ったら、

ブーイングの嵐になる可能性あり。


イケメンは得だ。


あさのお父さんは、

お尻を叩くというより、

腰に近いところをペチペチと

手を止めるように叩いていた。


つまり、「おいどは無事だす」。


あさのお父さんは、

番頭はんのやるような事も、

自分できっちりやらないと

気が済まないタイプのようだ。


細かいところまで気の付く人なんだろう。


商売を大きく広げる才能よりも、

手堅くやっていくタイプのようだ。


父親に比べてあさは、

誰に似たのか破天荒なところがあり、

今後の人生を示唆しているようだ。


あさのおじいちゃんは、

あさのことが大好きだ。


あさが木に登れば、おじいちゃんも登る。


あの年齢で高い木の上に登れるとは、

足腰がしっかりした人なんだね。


あさは許嫁に会ったが、

お姉ちゃんはまだ会っていない。


新次郎のことを見たお姉ちゃんは、

男前だと話していたから、

自分の許嫁と比べてしまうだろうなぁ。



関連記事

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
過去記事
プロフィール

ahaharui

Author:ahaharui
あはは☆るいです。ドラマやバラエティーの感想を主に書いています。時折、面白かった本やコミックの感想も。詳しくは自己紹介&ブログ紹介を見てね♪

カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR